横浜FCの三浦知良【写真:Getty Images】

写真拡大

 J2の横浜FCに所属する元日本代表FW三浦知良(カズ)は、26日に行われたJ2開幕戦の松本山雅FC戦に出場したことで、Jリーグの最年長出場記録を更新した。

 今季も横浜FCとの契約を延長し、同クラブで12年目となるシーズンの開幕を迎えたカズは、自身の50歳の誕生日に行われた開幕戦に先発で出場。65分に交代してベンチに退くまでプレーした。

 これにより、カズは自身の保持するJリーグの最年長出場記録をさらに更新。50歳台で公式戦のピッチに立ったJリーグ史上初めての選手となった。

 昨シーズン2得点を記録したカズは、Jリーグにおける最年長得点記録も保持している。開幕戦では無得点に終わったが、今後の試合では最年長ゴール記録の更新にも期待がかかる。

text by 編集部