防弾少年団「人気歌謡」でカムバックと同時に1位獲得!“圧倒的なステージ”

写真拡大

防弾少年団がカムバックと同時に1位を獲得した。

防弾少年団は26日に放送されたSBS「人気歌謡」で「春の日」で1位を獲得した。

この日防弾少年団はカムバックステージかつ、グッバイステージを披露した。この日防弾少年団は「Not Today」と「春の日」2曲のステージで若者たちに慰めと希望のメッセージを伝えた。タイトル曲「春の日」で1位を獲得した防弾少年団は、カムバックと同時に活動を終え、惜しまれた。

防弾少年団は「Not Today」ステージでは、キレのある群舞とパフォーマンスでステージを完璧に掌握した。「春の日」では甘い歌唱力と切ない感情演技で感動を届けた。完璧に異なる二つの魅力だった。カムバックと同時にファンと別れる名残惜しさを慰めるには十分なステージだった。

「Knock Knock」で、老若男女の心をノックしているTWICEは、ハツラツとした魅力でステージを盛り上げた。

他にもRed Velvetの「Rookie」、楽童ミュージシャンの「ブサイクなふり」、ホン・ジニョンの「愛してるしてない」、宇宙少女の「君に届きますように」、Aprilの「春の国の物語」、Melody Dayの「KISS ON THE LIPS」、CROSS GENEの「Black or White」、NCT Dreamの「最後の初恋」、SONAMOOの「私、君好き?」、CLCの「鬼」、B.I.Gの「1.2.3」、MARSCの「Tina」、ハン・ヒジュンの「思い出す」のステージが披露された。