イ・ドンゴン「月桂樹洋服店の紳士たち」放送終了の感想を伝える…“大切な思い出になりそうだ”

写真拡大

俳優のイ・ドンゴンがKBS 2TV週末ドラマ「月桂樹洋服店の紳士たち」最終話を控えて視聴者たちに感謝の挨拶を伝えた。

26日、所属会社のFNCエンターテインメントを通じてイ・ドンゴンは「大きな事故無しに、54部作の大長征を無事に終えることができて幸いだ。素敵な先生たちと先輩たち、そして後輩、仲間の俳優さんたちと現場で一緒に呼吸ができて嬉しくて、光栄だった」と放送終了への感想を述べた。

また、「今まで本当に幸せに作業してきたから終了というのが少し寂しいけど、イ・ドンジンというキャラクターで過ごした時間が大切な思い出がなると思う。今まで『月桂樹洋服店の紳士たち』を見守ってくれた、愛してくれた視聴者の皆さんに心から感謝する。これからも良い作品を通じて挨拶したい」と付け加えた。

イ・ドンゴンは「月桂樹洋服店の紳士たち」でイ・マンスル(シン・グ) の一人息子のイ・トンジン役を演じ、幅広い演技スペクトルを披露した。劇の序盤には成功と出世だけを考え、ファッション会社の副社長の座に就いた野望溢れる男だったが、父が視力を失っているという事実を知った後、変化し始めた。

特にナ・ヨンシル(チョ・ユニ) を愛した後は、止められない直進のロマンスを展開し、“ロマンス職人”らしい魅力を遺憾なく発揮、繊細な演技と表現力で国民の夫キャラクターを誕生させたという評価を得た。