防弾少年団 ジョングク、多数の事務所からスカウト受けた過去…現事務所に入った理由とは

写真拡大

防弾少年団 ジョングクが「新ヤンナムジャショー」でデビューの過程を明かした。

23日午後に韓国で放送されたMnet「新ヤンナムジャショー」では防弾少年団がゲストとして出演した。

この日ジョングクは「『SUPER STAR K3』に出演した後、7つの事務所からラブコールを受けた」と話した。

これを聞いたメンバーらは「実際にジョングクがもらってきた名刺を見たが、うちの会社より大きい会社が多かった。ジョングクがここにきたのは神の一手だった」と話した。

防弾少年団になったきっかけについてジョングクは「RAP MONSTER兄さんがカッコよくてこっちに来た」と話した。

続けて彼は「『SUPER STAR K』の出演が放送に出ることはなかった。待機していたらカメラを突きつけられて歌を歌ってほしいと言われた。それで『この歌』を歌った」と当時を振り返った。