BMWが2012年の北京モーターショーで初公開した「i8コンセプトスパイダー」の市販モデルプロトタイプを、カメラに初めて捉えました。

1

2012年に発表されたコンセプトカーは、2016年1月に最新の車載インフォテインメントシステムを搭載した「iビジョンフューチャーインタラクション」へと進化し、2016年3月に「i8 ロードスター」としての投入が正式にアナウンスされました。

今回捉えた市販モデル初のプロトタイプは、スマホカメラで撮影されたうえ、リアビューのみですが、i8コンセプトスパイダーとは異なるテールライトのグラフィックやバンパーが備えられているのが確認できます。

パワートレインは1.5リットル直列3気筒ツインパワー・ターボエンジンと電気モーターを組み合わせたPHEVで、強力なバッテリーにより航続距離も大幅に向上すると見られます。ワールドプレミアは2018年になると予想されています。

(APOLLO)

ついに市販化されるBMW i8ロードスターの量産モデルを初キャッチ!(http://clicccar.com/2017/02/26/448291/)