軽部真一と仲間由紀恵が司会を務める音楽番組『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)。2月25日放送回には、和田アキ子、八代亜紀、倖田來未が出演した。

冒頭、3人でそれぞれの楽曲「愛のうた」「舟唄」「あの鐘を鳴らすのはあなた」を歌唱。番組トークで軽部が「迫力があって、パンチが効いた御三方」とパフォーマンスの感想を述べると、和田は「初めて歌う歌ばっかりだったんですよ。亜紀ちゃんの歌も初めて歌うし、倖田もしょっちゅう会ってるけど歌は初めて。忘れられない日になりましたね。猛勉強しました」と緊張の中での収録であったことを明かした。

 番組では3人の共通点が「第一線で活躍する歌手であり、家庭人でもあること」にちなみ、「家庭での私のこだわり」についてトークを展開した。和田は「下着で歩くの禁止、オナラ禁止」、八代は「料理も洗濯も一切できない」ことを話す。最後に倖田は「うちは料理に関しては主人も上手なので、けっこう上手に作ってくれますね。アーティスト同士なので、お仕事では楽曲を作ってくれたりとか、こういうのがいいよとか家庭内で仕事のアドバイスをしてくれます」と夫であるBACK-ONのKENJI03との公私にわたるパートナーシップを示した。

 番組後半のトークテーマは「旦那に怒られること、怒ってしまうこと」。和田は「ナイター中継を観た夫が続けてスポーツニュースまで観て好きなテレビが観れないこと」、八代は「夜更かしして通販ショッピングばかりしてしまうこと」を明かした。倖田は「けっこう料理もしてくれて、洗い物もしてくれるんですけど、終わったあとにキッチン行ったらそこら辺がビショビショなんですよ。洗ってくれたはずなのに、スプーンにバター付いてたりする」と愚痴を漏らしつつも、「洗ってくれてるし、怒りたいのに怒れへん。優しさだから難しい……」と普段夫に伝えられないことをテレビを通して伝えていた。

 ほかにも番組内では、倖田來未が「On my way」、八代亜紀が「JAMAAS 真実はふたつ」、和田アキ子が「だってしょうがないじゃない」を披露した。次回は岡本知高、加藤ミリヤ、藤澤ノリマサ、miwaをゲストに迎える予定だ。(文=向原康太)