テイラー・スウィフトの親友エド・シーラン (c)Imagecollect.

写真拡大 (全2枚)

歌手のエド・シーランが、ケイティ・ペリーと意気投合したという。

エドはテイラー・スウィフトと非常に仲がよく、2012年には楽曲「Everything Has Changed」でコラボしていた。そんなテイラーとケイティは数年前から不仲が伝えられており、テイラーは司会者のアンディ・コーエンとの会話で「ケイティって誰?」とディスったことが暴露されており、ケイティは「テイラーとコラボしてくれませんか?」というコメントに「彼女が謝ればね、するわ!」と答えたことがあった。

「BBC Radio 1」のインタビューを受けるためにスタジオに来ていたエドとケイティは、この日偶然顔を合わせる機会があったという。そして、ケイティがエドについて「本当に親しみやすい人だわ。みんなの親友ってかんじで。本当にいいひと」と語るほど、2人は意気投合したとゴシップサイト「USウィークリー」は伝えた。また、エドはケイティと数年前に初めて出会ったとき、自分が大量の汗をかいていたためにハグを拒否されたとジョークっぽく明かしている。