こんにちは、藤島孝也、33歳。先週流行りのインフルエンザにかかり、ようやく復活! 快気祝いに独男仲間が昨晩飲み会を開いてくれた。いわゆる男子会(笑)。

男子会のネタは仕事系が半分、近況報告が半分。女子会ほどオール恋愛話にはならないが、この近況報告に恋愛系の話もちょいちょい入ってくる。

今回は年上キラーの圭太が、「そういや〜この前、飲み会でスゴイ女がいたよ」なんて話を切り出した。

「過去にもらったプレゼントでうれしかったものは?って話になったら、某雑誌で読者モデルをしていたというその女が、昔不動産王の息子と付き合ってマンションをプレゼントされたとか、そこそこ売れている俳優と付き合って豪遊したとか、すげー自慢ばっかりで、男はプレゼントで器が決まるとか言っちゃってて、ぶっちゃけ引いたよ」

「オレもCAとのコンパでそういう経験あったな〜。彼女たちはセレブ慣れしてて、ファーストクラスのお客さんからの誘いとかも多くて、常連のお客さんからヴィトンの財布とかプレゼントされるらしいよ。そりゃ〜価値観、変わるよな……」

圭太に続いて裕一郎も言った。

「オレが会ったドン引き女は、SNS中毒のリア充女。飲み会でFacebookやInstagramも友達申請しあうことになってそれをのぞいたら、スゴイ更新の頻度!! 毎日食べたもの、行った場所などが事細かに載せていて、自撮り写真とかもバンバン載っていて、そのリア充アピール感が半端なかったよ」

「おまえ、自分のこと棚にあげてね〜か!? おまえも相当リア充だろう!?」

なんて洋平に突っ込まれた裕一郎だったが、

「いやいや、オレはリア充じゃねーし。趣味や仕事は充実していても、所詮自己満。あえて周りにアピールしないよ。ってか、みんなに言いふらしてどうするんだ!? 「いいね!」って言ってもらってどうするんだ!? と思ってしまう。見栄を張ったプチ自慢にしか見えないよ」

と反論。確かに女性は自分のことを知ってもらいたいアピールがスゴイ。友達にいかに自分が充実した生活をしているか、楽しんでいるかをアピールしたい生き物のようだ。

「オレも前に一度だけデートした女の子が初デートなのに写真を撮りまくっていて、危うくデートの実況中継されるところだったよ。ご飯とか食べに行っても、写真のアングルを気にしすぎで、料理冷めるわ〜って感じ。そういえばその子も雑誌の読者ブロガーやっていたっけ」

いつしかオレたちの話題は「ドン引き女」がテーマになっていた。

やけにガードが堅い女とか思わせぶりな女もNG……by孝也(笑)

独身男がそろってドン引き女の話をしているのだから、傍から見れば「あいつら、だから結婚できないんだ!」なんて思われるかもしれない。が、あえて今回も独断と偏見でまとめさせてもらおう。

女から見ればカッコいいかもしれないが、「男がドン引きする女」について。今回オレたちが全員一致して認めたのは4つのタイプの女だった。ちなみにターゲット女性はアラサー以上ということで……

・モテ自慢女

過去の武勇伝を語る女、意外と多いものだ。そんなのは女子会でやってくれ!!というのが男の本音。自分を売り込みたいのはわかるけど、そこまでモテをアピールされたら、たとえ付き合ったとして過去の男といろいろ比較されそうでいい気分はしないものだ。こんな有名人と付き合った、こんなに大勢の人からモテた……なんて話を聞くと、一般人のオレたちは「なんか軽そうで扱いにくそう」と思ってしまう。男性としては心配要素が増えるのでいい気はしないのだ。

・リア充アピール女

独身を長く続けていれば、自分の生活を充実させないとやっていけないというのもわかる。趣味に没頭したり、自分へのご褒美を奮発したり、自分の城にこだわったり……実はやっていることは男性も同じなのだが、これをあえてアピールする必要はない。むしろ充実ライフを知ってしまうと、付き合う方としては居場所に困る。あえて今の生活を崩してまで相手の生活スペースに乗り込む勇気もない。男性にとっては少し暇をしている女の方が誘いやすいものなのだ。

・本音が見えない女優女

人からの見た目を気にして、自意識が異常に高い女、案外アラサーキャリア女性に多いのだが……。たとえみんなから愛されるタイプのいい女であっても、正直男としては自分だけに見せる特別感の方が欲しいものだ。毎日オシャレなフルコースは食べれない……たまに食べると魅力的であっても、普段求めるものは素朴で落ち着く味なのだ。

・夢見る妄想女(タラレバ女)
今ドラマでも話題の「タラレバ」女。「〇〇だったら…〇〇れば…」といういわゆる妄想ばかりをしている夢見る少女系の女性はパス。といっても現実的過ぎてネガティブで暗い女よりは、夢を語るポジティブな明るい女の方がいいわけだが、その度合いがポイントなのだ。特に30歳を過ぎて夢ばかり見ていると、確実に「イタイ女」としてレッテルを貼られるものだ。

ここまでは性格を重視したドン引き女の特徴だ。でも実は、ちょっとした行動や仕草でドン引きしてしまう場合も少なくない。そこでその行動や仕草についてもまとめてみよう。それについては〜その2〜で話そう。