失業したら「すぐ実行したい」9つのこと

写真拡大

レイオフ(解雇)は、雇用主が収益や企業戦略、製品ラインや従業員の成績を評価する年末年始の時期に行われることが多いようだ。米労働統計局などによれば、2017年1月の米国の失業率は4.8%となり、前年11月の4.6%より悪化した。

退職や失業は、ほっと一息付くチャンスにもなり得る。だが、思わぬ心理的、社会的な障害をもたらすことも多い。年末年始の前後に仕事を失った友人たちの話を聞いているうちに、筆者自身が仕事を辞めた後の気持ちの切り替えに役立ったいくつかのヒントを思い出した。以下にそれらを挙げてみることにする。

・髪を切る

人であれ組織であれ、大切な何かと別れた後の仕切り直しには髪を切ることが役立つ。

・旅をする

新しい仕事に就いた年は、あまり旅行をしないものだ。また、米国人は欧州の労働者ほど休暇を取らない。つまり、次の仕事に就くまでの期間は、旅行をして”楽しい失業生活”を過ごせる時間ということになる。たまったマイルを使うのもいい。予算が少なければ、車で旅行してもいいだろう。聞き上手な古い友人を訪れるのもいい。余裕があれば、一世一代のぜいたく旅行をしてみてはどうだろう。

・勉強する

仕事を辞めた時こそ、MBA(経営学修士)や博士号の取得を目指したり、自分の人生を豊かにしてくれる、あるいはキャリアの可能性を広げてくれる勉強をしたりするチャンスだ。それまで時間がなくてできなかった、オンラインや個人レッスンの短期コースを受けるのもいいだろう。

・歩き、会話をする

ニューヨークのメトロポリタン美術館の最高デジタル責任者(CDO)だったスリー・スリーニバンサンは失業したことをソーシャルメディアで公表し、「セントラルパークで一緒に散歩をしながら助言をしてくれる人はいないか」と呼びかけた。これは、インターネット上で大きな話題になった。「時間があるから、誘ってほしい。コーヒーやお酒を飲みながら、意義深い話をするとか」などと書き込んだことは、いくつかのメディアでも報じられた。

コロンビア大学ジャーナリズム大学院の教授でもあったスリーニバンサンは現在、ニューヨーク市のCDOだ。彼のオープンな姿勢は、新しい仕事を探していることを広く知らせる素晴らしい方法だった。

・運動する

例えばボクシングやヨガ、ピラティスやクロスフィットなど、今まで時間がなくて挑戦できなかったスポーツやエクササイズはないだろうか。こうした運動はいずれも、ストレスを解消し、心身共に次のステップに備える上で役に立つ。

・友情を確かめる

誰が親友なのか、真の友人なのかを心の中で(あるいは実際に)書き出して確認してみよう。友人ならあなたがどこで働いても、あるいは働いていなくても、あなたの幸せを考えてくれる。仕事を変えることで、友人と思っていた人が、実はあなたを前の勤務先の「連絡窓口」としか見ていなかったことが明らかになるかもしれない。

・美術館に行く

複数の調査で、芸術は脳に良いことが示されている。美しい美術品を鑑賞することができる場所に身を置いて、今後の進路について考えてみよう。

・家族と過ごす

企業幹部の多くは退職の理由として決まり文句のように、「家族と時間を過ごすため」という。家族との時間は本当に大切にすべきものだ。次の仕事を探すときには、家族をどれだけ優先できるかを考えよう。

・読書をする

人生の大きな転機には特に、フィクションを読むことが役に立つ。ずっと読みたいと思っていた古典や現代文学を読んでみよう。素晴らしい文学作品は私たちの心に訴えかけ、重要な人間関係や決断、ジレンマなどについてじっくり考えることを助けてくれる。また、フィクションのほか自伝、物語のような語り口のノンフィクション作品などを読めば、他の人たちの人生の物語を垣間見ることができ、自分自身の物語について熟考することに役立つだろう。