虎が雨、淫雨…やたらカッコ良い雨の名前ランキング

写真拡大

雨の名前、と聞いて読者の皆様はいくつ思い浮かべる事ができますか?
有名なモノだと「五月雨(さみだれ)」といった名前が思い浮かぶと思うんですが、雨の名前は思った以上にたくさん存在するようです。

そこで今回は「カッコ良い雨の名前」をアンケートランキングにしてみました。
一体どんなカッコ良い名前の雨が出てくるのでしょうか?

1位 虎が雨
2位 紅雨
3位 翠雨
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「虎が雨」!


旧暦の5月28日、新暦にすると6月下旬から7月中旬に降る雨、「虎が雨(とらがあめ)」が堂々の1位を獲得しました。
この「虎が雨」は旧暦5月28日、鎌倉時代の武士である曾我十郎祐成が仇討ちで亡くなった日で、その時彼に愛されていた遊女の虎御前が悲しみに涙を流し、雨になって降ったという伝説から付けられた名前。
別名に「曽我の雨」「虎が涙」と呼ばれることもあるようですが、いずれも上記の伝説である虎御前の悲しい雨が降る様を表しているようです。

2位は「紅雨」!


春、特に花が咲いている時期に降る雨を指す、「紅雨(こうう)」が2位を獲得しました。
実際に花に降り注ぐ雨の事を呼ぶそうですが、赤い花びらが散りゆく様も同様に「紅雨」と呼ぶようです。

3位は「翠雨」!


芽吹いた若葉など、草木の青葉に雨が降る様子を表した「翠雨(すいう)」が3位にランク・インしました。
別名に「緑雨(りょくう)」というものがあり、こちらも同様に葉に雨が降る様を表しているのですが、字面的に「翠」を使った「翠雨」の方がカッコ良いですね。

いかがでしたか?
ちなみに冒頭例に出した「五月雨」は5位で、こちらは梅雨の時期に降る雨を表した言葉です。

今回は「やたらカッコ良い雨の名前ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜48位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女500名:複数回答)
調査期間:2016年9月28日〜2016年9月29日