『あまみの甘み あまみの香り』鯨本 あつこ(著)、 石原 みどり(著) 西日本出版社

写真拡大

■黒糖焼酎の歴史は意外と浅い

大の酒好きだ。だから何でも飲むが、たいていはビールに日本酒、酎ハイやホッピーだ。黒糖焼酎を飲むことはめったにない。もちろんおいしいし好きだ。

表紙にひかれて本書を手に取った。「黒糖焼酎をつくる全25蔵の話」とあり、オビには「なんて面白いんだ。奄美の島々と黒糖焼酎」という惹句。筆者は沖縄には数回行ったことがあるが、奄美はない。旅心、呑べえ心がくすぐられる。

著者は、日本国内の418離島にスポットをあてた「離島経済新聞社」の統括編集長(くじら、鯨本あつこ氏)と、同社島酒担当記者(くっかる、石原みどり氏)の酒飲みコンビ。そんな島のプロが黒糖焼酎蔵のある奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島の5島を巡り、黒糖焼酎と島の魅力を紹介する。ほぼ全ページに描かれたイラストも南国らしいユルさが伝わってきていい感じだ。

黒糖焼酎は正式には「奄美黒糖焼酎」という。地域団体商標に登録されており、奄美群島でしか製造が認められていない。よって生産・消費量は少ない。本書によれば、国内の酒類消費量の内、焼酎の占める割合は約1割で、黒糖焼酎はさらにその2%未満だ。

黒糖焼酎の歴史は意外に浅い。黒糖焼酎が本格的につくられるようになったのは戦後のこと。奄美群島は戦後8年間、米軍統治下に置かれたため、それまでつくっていた泡盛の原料である米が不足し、代わりに島のサトウキビを使うようになったのだという(現在は沖縄産や外国産の黒糖も使用)。黒糖焼酎の製造が奄美群島に限られているのはそんな歴史的背景がある。

奄美群島とひと言でいっても、島にはそれぞれ特有の文化がある。いまでこそ鹿児島県に属するが、歴史的には琉球王国の支配下にあった時代が長く、薩摩藩に組み込まれたのは江戸時代。奄美大島から南端の与論島へ下るにしたがって琉球文化色が濃くなっていくという。与論島からは沖縄本島が見える。

■牛乳割り、香味野菜入りもイケるらしい

だから方言(島口<しまぐち>)も違えば、食べ物にも特色がある。黒糖焼酎も島や蔵によって個性豊かだ。飲み方もいろいろ。水割りやロックのほかに、お湯割りも飲まれている。牛乳で割ったり、香味野菜(パプリカ、セロリ、しょうがなど)を入れて飲むのもイケるらしい。ちなみに、黒糖焼酎は糖質ゼロ。砂糖が原料なので不思議に感じるが、これは芋焼酎や米焼酎など蒸留酒全般に共通する。糖質を気にしている人にはうれしい。

驚いたのは、奄美大島にある飲み屋街(屋仁川<やにがわ>通り、通称やんご)が、鹿児島県で2番目の規模をほこること。鹿児島の繁華街では天文館(鹿児島市)が有名だが、その次が奄美とは、それだけ酒好きが多いということだろう。実際、やんごの100メートルの通りには300軒もの店がひしめき、夜は酔客で賑わい、帰宅用のタクシーが列をなすという。

島の人たちのアイデンティティーが興味深い。鹿児島と沖縄のどちらにシンパシーを感じているのか。そんな著者の問いかけに対する島人たちの答えは、もっとグローバルだ。与論島の人は「ヨロンはヨロンですよ」という。その心を著者は、「周りを海に囲まれた離島は、ある意味、島の外はすべて海外である。鹿児島なのか、沖縄なのか、海外事情を含む話。少なくとも正しいのは『私は私』である」と解釈する。奄美大島のある杜氏は、外国産の黒糖を使う理由について、奄美を日本とくくることに違和感があると吐露する。

著者は、「他地域との交流はすべて海を越えて行われる離島に暮らしていると、自分の立っている場所を『日本の一部』というよりも、独立したひとつの国家のように感じることが多い。だから、原料の仕入れにしても、『日本と海外』というよりも『島内と島外』という感覚で、単純に、島で供給できないものを、島外から手配しているというわけだ」と理解する。日本は単一の民族ではないし、多様な人々が多様な暮らしをし、豊かな文化を形成している。東京にいると、そういうことを忘れがちになる。世界は広いが、日本も広い。

久しぶりに晩酌に黒糖焼酎を飲んだ。ほのかに甘く、杯が進む。ふわふわと酔いが回る。いますぐ奄美に飛んで行きたい。

(ライター 田之上信=文)