24日、警察の中国版ツイッターが流した情報が、「わが町に空先生が!」などと蒼井そらのファンをどよめかせた。写真は蒼井そら。

写真拡大

2017年2月24日、警察の中国版ツイッターが流した情報が、「わが町にそら先生が!」などと蒼井そらのファンをどよめかせた。新浪が伝えた。

【その他の写真】

中国警察安徽省の中国版ツイッターが24日、ある日本人タレントが省内の宣城市にやって来ていたことを明かした。その内容は、「今月20日夜、映画ロケのため日本人タレントの“蒼某”が宣城市に来ていたが、宿泊した山荘のスタッフが外国人宿泊客への正当な手続きを怠った。このためスタッフに500元(約8200円)の罰金を科した」というもの。このツイートにはご丁寧にも写真まで添えられていたが、名前の一部と顔写真にモザイクはかかっているものの、蒼井そらの中国版ツイッターのスクリーンショットに間違いないものだった。

蒼井そらは中国で非常に人気が高く、ファンからは「空先生」の愛称で呼ばれ、中国版ツイッターのフォロワー数は1700万人を超えている。それだけに、この警察のツイートがネットユーザーに注目され、ファンをどよめかせることに。「手続きを怠った。それは確かに悪いね。でもそれより重要なのは、わが町に空先生がいたことだ!」「このツイートの熱っぽさがヤバい。投稿者も先生のファン?」「警察も動かす空先生」「彼女の体じゃなく、顔にモザイクかかってるの初めて見た(笑)」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda)