image: VoxelKei(@VoxelKei


あ、この遊び方いいな。

海外だけでなく、日本向けのプレオーダーも昨年始まったMicrosoft(マイクロソフト)のMRヘッドセット「HoloLens」。製品の出荷も始まったようですが、正直「MR(複合現実)と言われても…何ができるの?」という人も多いと思います。

そこでここでは、期待の高まるHoloLensをうまく使いこなしているユーザーを集めてみましたよ!




まずいちばん目を引くのがこの方、VoxelKeiさん(@VoxelKei)。

床にピピッと指示すると、なんと超上空に浮かんでいるような穴が! 床に航空写真のテクスチャを張ってるんでしょうか…とにかくスゴイです!




同じくVoxelKeiさん。こっちではデスクに穴を開け、モノを落とすデモ。これ、なにかゲームに使えそうな気がするなぁ。




そして、ちひよさん(@chihiyo_k)は、部屋に家具を配置するデモ。きちんと床の角度と視線に合わせて、テーブルが置けるんですね。近い将来のモデルルームには、こんなMRシステムが備え付けられているかも?




こちらはギズモードでもおなじみ、落合陽一さん(@ochyai)の空間で作業をするデモ。これは、映画『マイノリティ・リポート』みたい? 将来パソコンからディスプレイが消えて、みんながMRヘッドセットで作業をする時代がくるんでしょうか?

ここまではHoloLensを使った個人ユーザーのデモでしたが、例えばCanon USAは最高で900万円もする本格MRヘッドセット「MREAL Display MD-10」の強力な産業用デモを公開しています。



2015年に公開された上の動画は、自動車の開発現場を想定したもの。椅子に座りながら車のさまざまなパーツを配置し、実際に自分の目で確認。その他にも技術的なデモとして海中などの環境を再現したり、恐竜を机の上に呼び出したり…これをパソコンの前に座りながらではなく、自分を取り囲むMR世界で行なえるのです。

現実世界にプラスαの楽しさをくわえるのが、MR。僕は、VRに増してMRやARで楽しい未来が開けるんじゃないかな〜と期待しています。

・HoloLensで、ポケモンバトルやってみた
・HoloLensで飛び出すモンスター。あの「遊戯王」が現実に

top image: VoxelKei(@VoxelKei)
source: Twitter 1, 2, 3, 4, YouTube, Canon

(塚本直樹)