日本ならではの美容法を取り入れた「Wafood Made」の第1弾「酒粕」

写真拡大

山田養蜂場グループのpdcは、新ブランド「Wafood Made(ワフードメイド)」から、第1弾「酒粕パック」を2017年2月27日に発売する。

オリジナル「酒粕エキス」配合

日本では古くから食材を美容素材として使用する、知恵袋的な美容法が根付いており、新ブランド「Wafood Made」はそんな日本ならではの考え方を活かし、現代風に使いやすくアレンジした「美味しいを美しく」を30〜40代向けに提案する。

テレビや雑誌、ブログなどで話題の酒粕パックだが、自宅で作るとなるとミキサーやブレンダーを使用しなければならず準備も片付けも大変。そこで肌に乗せるだけで簡単に話題のパックを体験できる商品として「酒粕パック」を開発した。

熊本県小国町にる河津酒造の酒粕から抽出したオリジナルの「酒粕エキス」を配合する洗い流しパック。阿蘇地方の酒米を中心に国産米を精米し、同地の湧水と熊本酵母(協会酵母9号)を使用して、昔ながらの槽搾り(ふなしぼり)製法でやさしく搾った酒粕エキスを使用している。

週2〜3回使用することでメラニンを含む古い角質を洗い落とし、透明感あるうるおい白肌へと導いてくれる。