ニッポン警察史上“最速覆面パトカー”の正体は「スーパーチャージャー搭載360馬力の本気仕様マークX」

写真拡大

 「260kmまでついてこられた」なんてツイートされるほど速い、速すぎる交通覆面パトカーが東京に登場した!

 昨夏、ニッポン警察史上最速となる覆面パトカーが警視庁に配備された。その名はマークX+Mスーパーチャージャー! 高速隊新富分駐所に2台、同八王子分駐所に1台、そして第五方面交通機動隊に1台の計4台が日夜大活躍中である!

 ベースとなるのは、3.5リッターV6エンジンを搭載したスポーツグレードの350S。これにトヨタ系レーシングチームのトムスが開発したスーパーチャージャーを装着すると同時に、専用のECU(エンジン制御コンピュータ)を採用。ノーマルより42馬力アップの360馬力! トルクにいたっては12kgm増しの50.7kgmを発生する!

 外観はトヨタモデリスタのエアロパーツで武装。車名の「M」はモデリスタの頭文字だが、本気仕様の意味も込められるメーカー完成車だ。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1292922

 東京都の予算(都費)で購入された物品などが公表される『東京都公報特定調達公告版』掲載の「特種用途自動車(交通取締用四輪車)の買入れ」(警視庁総務部用度課)によれば、価格は4台総額3331万1640円! 1台832万7910円ナリ! 性能もお値段もウルトラスーパーな1台なのだ。

 マークXは昨年11月22日にマイナーチェンジされ、それに伴いこの+Mスーパーチャージャーはカタログ落ちの廃盤モデルとなったが、実はそれ以前に警視庁はさらに11台を9220万1010円(1台あたり838万1910円)で追加購入している。それがいよいよこの2月から実戦投入されるらしい!

 その配分はどうなるのか? 勝手に予測すると、全10隊ある交通機動隊のうち5交機を除く9隊にそれぞれ1台ずつ。新富と八王子に追加で1台ずつで計11台になる。

 とにかく皆さん、安全運転を心がけましょう!

◆警視庁マークXスーチャーはここにいます!

●高速道路交通警察隊新富分駐所
ナンバー:足立302ち7529、足立302ち7530
ボディカラー:ホワイトパール、クリスタルシャイン
取り締まり路線:首都高全線。特に湾岸線、9号深川線、都心環状線、11号台場線

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1292923

●高速道路交通警察隊八王子分駐所
ナンバー:八王子301せ1810
ボディカラー:ホワイトパール、クリスタルシャイン
取り締まり路線:中央道高井戸IC-相模湖IC間、圏央道八王子JCT-青梅IC間

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1292930

●第五方面交通機動隊
ナンバー:練馬301や6337
ボディカラー:ホワイトパール、クリスタルシャイン
取り締まり路線:文京区、豊島区の一般道

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1292944

取材・文・撮影/SPA!覆面パトカー愛好会