レスレットタイプの「BZ1034-52E」(左)とカーフバンドタイプの「BZ1035-09E」

写真拡大

シチズン時計は、スマートフォンとつながる光発電エコ・ドライブ搭載のアナログ腕時計「Eco-Drive Bluetooth(エコ・ドライブ・ブルートゥース)」に、シチズン独自の技術により純チタニウムに表面硬化技術デュラテクトを施しステンレスの5倍以上の硬さを実現した「スーパーチタニウム」を外装素材に採用した2モデルを2017年3月に発売する。

キズに強く、軽く、肌にも優しい...スマホと連携

いずれもエッジの立ったシャープなケースデザイン。「スーパーチタニウム」は、キズに強く、軽く、肌にも優しく着け心地は快適という。

専用アプリ「エコ・ドライブ Bluetooth」をインストールしたスマートフォンと連携することで、自動時刻修正や世界316都市への時刻修正が可能。また電話やメール、主要SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のメッセージ着信を針の動きと音、振動で知らせる。アプリの対応OSはiOS 9.3〜、Android 5.1〜。

太陽光や部屋のわずかな光で充電して動作させる「光発電エコ・ドライブ」を搭載。フル充電すれば最大約4年稼働(パワーセーブ時)し、電池交換やケーブル充電などが不要だ。

価格(予定)は、バンドがスーパーチタニウム製ブレスレットタイプの「BZ1034-52E」が10万円(税別)。カーフバンドタイプの「BZ1035-09E」が8万5000円(同)。