磐田との開幕戦でフル出場した柿谷。試合終盤に左サイドハーフで起用され、短時間の間にチャンスを作り出した。写真:川本 学

写真拡大 (全2枚)

[J1リーグ開幕戦] セレッソ大阪 - ジュビロ磐田/2月25日/ヤンマースタジアム  試合終盤の86分、FWリカルド・サントスが投入される。C大阪は杉本健勇とR・サントスが2トップを組み、2列目の右サイドに丸岡満、そして左サイドに柿谷曜一朗が入る攻撃的布陣にして、1点を奪いに行った。  すると柿谷の仕掛けからチャンスが生まれ、さらに自身も惜しいシュートを2本放った。サイドに張り出して自分の間合いに持ち込んでドリブルを仕掛け、さらには、スルスっと敵のマークをかいくぐって中央のギャップを突く。この試合、決して長くはなかったものの、C大阪にゴールの匂いを最も感じさせた時間帯だった。 「ボールを奪う位置が低くなると、どうしてもゴールへの距離ができてしまう。もう少し、高い位置取りをして攻撃的にいければとは感じた。ただ、DFとも良いコミュニケーションは取れていた。カウンターの時、さらに、ひとり、ふたりと前へ出て行けるようにやっていきたい」  柿谷はそのように試合を振り返った。  もちろん、ユン・ジョンファン監督が柿谷をサイドに置いたのには、いくつかの理由が考えられる。柿谷はすでに運動量が落ちて、コンディション(怪我からの回復)も万全ではなかった。 とはいえ、一発で打開する力残している。そこで守備の面ではいくらか目をつぶってもいいから、スペースと時間を作れるサイドで自分のリズムに持ち込み、1対1を仕掛けてほしい、という狙いが伝わってきた。 守備面のリスクは高い。だからこそ、このアディショナルタイムを含めて8分間と"限定的"だったのだろう。  大熊体制下の昨季、柿谷は開幕の町田戦で、左サイドハーフで先発している。だが後半には「良さを出すため」(大熊前監督)と中央寄りにポジションをシフト。結局、その後の試合では、基本的にはセンター(CF,オフェンシブハーフ)のポジションで起用されるようになった。  その時とは異なり、今回、ユン・ジョンファン監督は柿谷を"あえて"サイドに張り出させることで良さを発揮させる活用法を見出したと言えた。  しかも、右サイドで先発した水沼宏太が負傷により交代を余儀なくされた。さらに清武弘嗣も、まだコンディションが万全とは言えない。一方、この日、得点はなかったものの杉本は切れのある動きを随所で披露した。

 高さと強さを備えたR・サントスも状態を上げてきている。彼を前線で固定できれば、柿谷の挙げていたラインが下がってしまう問題も解消されるかもしれない。 実際、この日、柿谷が自分のリズムでプレーできていたのは、ピッチの中央ではなくサイド寄りに出た時だった。もしかすると…柿谷を試合開始からサイドで起用する可能性も、現状ではあり得るか――。  しかも、次節の対戦相手は、サイドの背後にスペースがある浦和だ(3月4日/14時/埼玉スタジアム)。いずれにせよ、柿谷を中心に、いかにそのスペースを攻略するかが、C大阪にとっても鍵となりそうだ。「今は試合を迎えることが楽しみ。次は必ず勝ちたい 柿谷が飢えているのは、ゴールであり、そして勝利だ――。 取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)