お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣が24日放送の関西テレビ『怪傑えみちゃんねる』に出演し、元妻と不倫した歌手のファンキー加藤と絶縁状態にあることを告白。「他人事やから、せせら笑ってんねんけど」などと話したMCの上沼恵美子には「笑うならはっきり笑って」と懇願していた。

 この日は「再出発にかける芸能人SP」とのテーマでトーク進行。顔が小さくて困っていることを話した柴田だったが、キングコング梶原雄太が「ファンキーの件があって…」などと、自身の元妻と不倫関係にあった歌手のファンキー加藤を持ち出すと、柴田は「ファンキーの件はないから。やめなさい」と拒絶した。

 ところが、上沼から今もファンキー加藤と付き合いがあるのかを問われ、「今ですか? もうお付き合いはないですよ。それは無理です」と絶縁状態になっていることを明かし、再度、「無理」とキッパリ言い切った。

 ただ、柴田は「そういう仕事を入れてくる人がいるんですよ」とファンキー加藤との共演をセッティングしようする人がいると話す。先日には、「始球式やってくれという仕事が来て、俺が投げて、加藤がキャッチャーやるのはどうか」との依頼が舞い込んだという。

 この話にはスタジオも騒然としたが、柴田は「あいつがキャッチャーだったら、結構なスピードで投げれそうな気がする」と右腕を大きく振り、オチを付けて爆笑を誘った。

 ただ、上沼は「他人事やから、せせら笑ってんねんけど、ねえ」とため息交じりにコメント。これに柴田は戸惑いを隠せず、立ち上がって「笑うならハッキリ笑ってください。陰でせせら笑われるのはつらい」と懇願していた。