あなたが後悔していることを自由に書いて下さい(スクリーンショット) 

写真拡大

 あなたの人生で最も後悔していることは何ですか?すぐに答えられる人もいれば、考え込んでしまう人もいるかもしれません。

 デジタルメディアのA Plus社は昨年、「Write your biggest regret(あなたにとって最大の後悔を書いてください)」と書いた黒板をニューヨークの繁華街に設置しました。動画はYouTubeにアップされ、現在までに500万回再生されました。

 黒板は誰でも自由に書けるようになっています。さて、人々は一体どんなことを後悔しているのでしょうか?

 「プロポーズに応じなかった」

 「多くの時間を無駄にした」

 「父親が亡くなる前に孫を見せることができなかった」

 「いい夫になれなかった」

 「アーティストへの夢を追いかけなかった」

 「計画したことがいっぱいあったが行動しなかった」

 「MBAを取らなかった」

 「友人に付き合ってあげなかった」

 「たくさんの人を傷つけなければ、帰れる家はないことにならなかった」

 「やりたいことがたくさんあるが、する時間が見つからない」などなど。

 そして、「楽な道を選んだこと」が最大の後悔だと書いた人は、たまたまそこを通りかかったゴミ収集の作業員でした。彼は笑顔を見せましたが、どこか寂しそうです。

 後悔の言葉は黒板いっぱいになりました。A Plus社はそれぞれのストーリーからある共通点に気づきました。たくさんの「Not 〜」「Never〜」が書かれていました。つまり、「〜をしなかった」ことが多かったのです。

 A Plus社は後悔を書いた人々に黒板消しを渡し、そこに書かれたものを全部消してもらいました。そして、「Clean slate(白紙状態)」の言葉に置き換えました。

 毎日は白紙から始まります。後悔するのであれば、今やるべきです。全てに可能性があり、すべきこと、やりたいことを実現させるのは、いつになっても遅くはないのです。 

(動画)

(翻訳編集・豊山)