「リトルウィッチアカデミア」のオープニングテーマを歌うYURiKA

写真拡大

2月22日にシングル「Shiny Ray」でメジャーデビューを果たした、新世代のアニソンシンガー・YURiKAにインタビューを行った。

【写真を見る】YURiKAの運命を変えたのは「創世のアクエリオン」だった!?

「Shiny Ray」は1月からスタートしたTVアニメ「リトルウィッチアカデミア」(TOKYO MXほか)のオープニングテーマに起用されており、視聴者からも大きな反響を呼んでいる。

そんな彼女に、デビューのきっかけやアニメソングに対する思いなどを語ってもらった。

――まずは簡単に自己紹介をお願いします。

埼玉県出身のB型です!(笑) 小学6年生のときに「創世のアクエリオン」というアニソンがありまして、それを聴いて歌手というよりアニソンにこだわった、“アニソン歌手”になりたいと思いました。

それからNHK総合の「のど自慢」とか、素人が出られるテレビ番組にたくさん応募して、全部アニソンで戦ってきました。そして去年の夏にあったオーディションで合格して、今に至ります。

――「創世のアクエリオン」のどこに引かれましたか?

テレビでCMをやっていたんですよ。CMって普通はマジマジと見るというより、流し見すると思うんですけど、その歌がサビで「一万年と二千年前から愛してる」って歌詞で、メロディーも覚えやすいし、とても耳に残ったんです。歌詞の「一万年と二千年」って何なの?って思って(笑)。

主人公というか、歌詞の子はいくつなんだ?と思って。ちゃんと聴くつもりもなく聴いていたのに、こんなに頭に残るのってすごいなって。それから曲について調べて、アニメの魅力にハマった感じです。

――それまで夢ってあったんですか?

幼稚園の卒園文集には「歌手になる」って書いてありましたから、歌うことは前から大好きだったんですけど、歌いたいって具体的に考えるようになったのが、その小6のときのアニソンとの出会いでした。

――「のど自慢」やその他のオーディションではどんな歌を歌ったんですか?

「創世のアクエリオン」を歌ったこともありましたし、他もいろいろありましたけど、アニソン以外は歌ったことがないですね。

――やっぱりアニメソングが勝負曲ということですか?

そうですね。アニソンってポップス、演歌とか、洋楽に比べて存在感が薄かったですが、「それでも私はアニソンが好きだ!」と堂々と歌ってきました。それが一番自分に合っているんだと信じて、ずっとアニソンを歌っています。

――アニメに対する風当たりのようなものも変わってきましたよね?

そうですね。私も今は「明るいオタク」だと思っています(笑)。昔は恥ずかしいって気持ちもあったんですけど、自分の好きなことだし、堂々と言って広めていきたかったので、そういう意味も込めて、アニソンを歌い続けるようになりました。

――プロフィルによると、田んぼの真ん中で日々歌唱をしていたとのことですが…?(笑)

そうなんですよ! 家の近所だったり、登下校の最中だったり、人がいないので、いつ歌っても誰にも迷惑かかりませんから(笑)。

そういえば、歩きながら歌っていたらコウモリが付いてきたことがあるんです(笑)。あれはビックリしましたね。

――コウモリが気になる周波数だったんですかね?(笑) そこではアニソン以外も歌っていたんですか?

そうですね。でも、やっぱり小学6年生のときの出合いは衝撃だったので、その後はアニソンばかり歌うようになっていました。当時は田んぼでワンマンライブをやっていましたよ(笑)。

――人が集まってきたりしましたか?

そういうことはないですね。でも、友達にも近所の人にも、(YURiKAは)小さいころから「声が大きくて、明るくて、歌が好きな子」というイメージがあったらしいです。

――いつ自分の歌唱力に自信を持ちましたか?

歌手になりたいと言いつつも、初めてちゃんと人前で歌ったのは高校3年生の時なんですよ。高校3年生のときにアニソンのオーディションがあって、それも全国にネット配信があったので、規模がデカ過ぎる“デビュー戦”でした。

当時はその怖さに気付かず…今となってはよくやったなと思うんですけど、知らなかったからこそ緊張せず、ただこの歌が好きだから!って気持ちで乗り越えられました。怖い物知らずでしたね(笑)。

――いよいよメジャーデビューを迎えましたが、率直な感想は?

もう、どうしましょう(笑)。アニメは1月から始まっているので、曲自体は皆さんにお届けしている状態ではあったんですけど、CDとなるとMV撮影もありましたし、ジャケット写真も撮りまして、また一つの作品になるので、すごく楽しみな気持ちでいっぱいでした。

――特にここが聴きどころってところはありますか?

「リトルウィッチアカデミア」はアッコのお話なので、全体を通して魔女がホウキで飛んでいるイメージなんですけど、やっぱりサビのドカーン!って感じに注目してほしいですね。秒針の音が入って、サビでドーン!と進むので、サビの突き抜け感が聴きどころかなと思います。

――レコーディングのとき、何かスタッフさんからのアドバイスはありましたか?

格好いい声だったり、ビブラートをかけていたりとか、結構ロックな感じが私は好きでそういう歌い方をしていたので、アニメの要素である「元気で真っすぐで明るくて」というのを織り交ぜるのもディレクションしていながらつかんでいきました。

――これから歌手としてやっていく中で、目標のアーティストさんはいらっしゃいますか?

今、アニソン界で大人気のLiSAさんです。デビュー前、NHKの番組で「アニソンのど自慢G」という番組があって、私はそこに出場したのですが、ゲストでLiSAさんが出られていたんです。

その時にずっと大好きなLiSAさんが目の前にいて、お話もさせてもらって、「このまま音楽を楽しんで歌っていったら大丈夫だから!」ってアドバイスをしてもらえたのをすごく覚えていて、LiSAさんの楽しむ姿勢を学びました。

自分はこうだっていう自信を持ってステージに立っている姿が憧れで格好いいし、アニメを引っ張っている感じがすごくするんですよ。私も今は「リトルウィッチアカデミア」というアニメに助けてもらっていますが、「YURiKAが歌っているからこのアニメを見ようかな」って、逆に私が入口になれればいいなと思っています。

今回はオープニングを担当していますし、それがオープニングアニソンの醍醐味(だいごみ)だと思うので。

――アニメはご覧になっていますか?

見ています! 主人公のアッコが魔女になりたいという夢をかなえるために学校に入るところからテレビシリーズは始まるんですけど、ずっとアニソンを歌いたかった私がデビューしてこれから歌手として始まるという、ちょっとリンクしているなと勝手に思っています。

イチアニメファンとしてもとっても大好きなんですけど、何かすごく元気になれますね。子供に返れるような作品なので、毎週楽しみに見ています。

――1番好きなキャラクターは?

みんな大好きなんですけど、主人公のアッコですかね。毎話ごとフィーチャーされるキャラクターは違っていて、基本的に1話完結型なので、1人1人にスポットライトが当たっているんですけど、進んでいく姿勢というか、迷わない目線というのが好きで、憧れでもあり、あんなふうに生きていけたらいいなと思っています。

――ジャケット撮影やMV収録で印象に残っているのは?

ジャケ写は光の線(※ライトトレイル)のようなのが入っているんですけど、あれはCGじゃなくて、15秒くらい私が固まって、その周りを熊手の端にライトを付けて、ウィーンって走ってもらったんですよ。それもすごく楽しかったですし、1回1回動きが違うんです。

坂の途中に立っていて、坂を駆け回ってもらったんですけど、そのときにしか出ない線の動きで、“奇跡の一枚”みたいなジャケットになりました。リリースイベントもたくさんあるので、そこでも話していきたいです。

――では、リリースイベントに向けての意気込みを教えてください。

今回デビューなので、これで私を知る方もいると思うんです。やっと皆さんと会う機会ができたので、早く皆さんに生で聴いてほしいですね。少なからず今まで応援してくれた方もいるので、直接会うことでしか楽しめない空気や、そういう雰囲気も一緒に楽しめたらいいなと思っています。

――仕事の合間など、一番息抜きできるのは何ですか?

妹ですね。私、2つ下の妹が大好きなんですよ。めっちゃかわいいんです! 

――年が近いのに、仲がいいんですか?

仲は良くないんですよ。私が一方的なんです。そう言うと語弊がありますが、妹はツンデレなんですよ。まだ学生ですし、私が帰って来たら寝ていたりとか、同じ家に住んでいても生活サイクルが違ってなかなか会えないんですけど…。

話し掛けても無視されることもあるんですが、こないだは背中に乗って来てくれたんですよ! それで足をマッサージしてくれて。ヤバい!雪が降るんじゃないかなと思ったら、次の日に雪が降りました(笑)。

――都心で雪が降ったのは妹さんのせいでしたか!(笑)

そうなんですよ!(笑) でも、私が陰ながらこういうことをやりたい!というのをずっと応援してくれたので、今の状況も喜んでくれているし、妹はもちろん家族みんなが応援してくれているので、家族といるときが一番楽しいですね。

――そしてもうすぐ春ですね。春の歌で何か思い浮かぶものはありますか?

「旅立ちの日に」ですね。私、ピアノを3歳から習っていたんですけど、どちらかというと周りのイメージも「YURiKAちゃんって歌が好きだよね」って感じだったのと、ピアノを習っていても苦手意識があったので、別にみんなの前で弾きたくないなって思っていました。

どちらかというと出しゃばりだったんですけど、ピアノだけはあんまり前に出てやりたくなかったんです。

でも、小学校の卒業式のとき、初めて「旅立ちの日に」を弾いて、意外とピアノも楽しいじゃんって思ったんです。そして中学の卒業式のときも弾いて、そういえば春は毎年弾いていたなって思いました。そんな思い出があったので、春の歌といえばこの曲ですね。

――では、最後に今後の夢を教えてください。

アニソンシンガーとしては、自分がアニメを見るきっかけになりたいなと思っています。今は「リトルウィッチアカデミア」のオープニングを歌っているYURiKAっていう、アニメありきの状態ですけど、YURiKAが歌っているから、そのアニメを見てもらえるようになりたいなと。

そういう歌を歌っていきたいなというのと、個人的には喋るのが好きなので、アニソンシンガーというのに軸を置きながらも、お喋りとか、いろいろ挑戦できたらいいなと思っています。

あとは、地元が蓮田駅なんですけど、蓮田駅の電車が降りたら流れるメロディーが自分の歌になればいいなと思っています。それを今ちょっと目標にしています。地元に貢献したいですね。田んぼでライブというのもやりたいです! 耕すので(笑)。ぜひやりたいです。