回転寿司チェーンは飽和状態に?

写真拡大

 牛丼・天丼、カレー、うどん・ラーメン、パフェ、珈琲……、いまや回転寿司チェーンはメインの寿司ネタもさることながら、専門店顔負けのサイドメニューで幅広い客層を掴み、“外食業界のアミューズメントパーク”と呼ばれるまでに進化した。

 市場調査会社の富士経済によれば、回転寿司の市場規模は2015年で5777億円、今年は6117億円を予測し、すでにハンバーガー業界を凌ぐ勢いだ。

 そんな回転寿司業界から大きなニュースが飛び込んできた。最大手「スシロー(運営会社/あきんどスシロー)」の持ち株会社であるスシローグローバルホールディングスが3月30日に株式を再上場する予定だという。

 スシローはもともと2008年まで東証2部に上場していたが、業界再編を狙って触手を伸ばす外食企業や投資ファンドの激しい買収攻勢に幾度もさらされてきた。

「2007年に牛丼チェーンの『すき家』を運営するゼンショーが、創業家から株式を取得して筆頭株主になったものの、創業家を巻き込む内紛が勃発して対立。翌年には日系投資ファンドのユニゾン・キャピタルが資本提携を行い、TOB(株式公開買い付け)でゼンショーを追い落とし非上場に。その後、ユニゾンは2012年、英投資ファンドのベルミラに保有するスシロー株を売却した」(経済誌記者)

 現在も持ち株会社の9割以上の株式を保有するベルミラだが、「スシローの売上高や利益が堅調に伸びているため、再上場で投資資金を回収して高値で売り抜ける出口戦略に入った」(前出・記者)というわけだ。

 経営的には“食い物”にされた感のあるスシロー。しかし、店の中身は評価する声も多い。外食ジャーナリストの中村芳平氏がいう。

「近年、回転寿司チェーンはスシローのほか、『無添くら寿司』『はま寿司』『かっぱ寿司』の4強が業界を牽引してきましたが、主力ネタの〈まぐろ〉ひとつとっても、スシローが最も商品力が高い。

 また、フライドポテトにこだわって“ポテロー”の呼び名が広まったり、行列店に負けないラーメンづくりを繰り返したりと、多メニュー戦略の先駆けとして固定ファンをがっちり掴んできました」

 消費者からの根強い支持は売り上げにも結びついている。2016年9月期の売上高は1464億円で、最終損益も23億円の黒字に。また、店舗数も442店と着実に増やし、まさに業界を牽引するチェーンに成長したことは確かだろう。

 しかし、この勢いを上場後も続けられるかは不透明だ。前出の中村氏はこんな懸念材料を挙げる。

「これはスシローだけの問題ではありませんが、多くの魚介類を海外からの輸入に頼る回転寿司業界にとって、為替の影響を受けて利益を圧迫しかねないリスクを常に抱えています。たとえ日本近海であっても、昨年サンマが不漁だったように韓国や台湾、中国に獲り負けてしまう状況も起きつつあります。

 魚が獲れないならサイドメニューのさらなる充実をと考えるでしょうが、すでにあらゆるジャンルのメニューを出していますし、ただでさえ人材難の中でこれ以上手間のかかる商品を開発するのは限界があります」

 肝心の出店戦略も思うように進むとは限らない。スシローは3年で100店舗増やす計画だが、国内市場はすでに飽和状態になっていると指摘する向きもある。

「回転寿司は郊外のファミリー客狙いであちこちに出店を重ねてきたが、かっぱ寿司がやみくもに出店して不採算店を多く出してしまったように、郊外でも利益の取れる好立地はそうそう残されていない」(外食コンサルタント)

 そんな間隙を縫って、ゼンショーグループの「はま寿司」がスシローを超える出店攻勢をかけるなど、同業他社との陣取り合戦も一層熾烈になっている。

「最終的には、10円の違いでも敏感に反応する消費者にどれだけ魅力的な商品を出せるのかが勝負といえます。上場するスシローも定番商品の強化を含め質の追求を怠れば、売り抜けた投資ファンドだけが潤い、その他の株主がやせ細っていく結果になりかねません」(中村氏)

 前出のかっぱ寿司が居酒屋チェーンを数多く展開するコロワイドの傘下に入ってもなお、赤字に苦しんでいるように、大手チェーンといえども予断を許さない状況が続く回転寿司業界。スシローの上場が、新たな再編劇を呼ぶ可能性も秘めている。