女子中高生の間で大人気(C CHANNEL)

写真拡大

 現在、女子中高生から人気を集めている動画メディア「C CHANNEL」。LINE株式会社の元社長である森川亮氏が立ち上げた動画メディアで、「かわいいものに敏感な女子のための動画ファッションマガジン」(公式サイト)をうたっている。DeNAのキュレーションメディア『MERY』が公開停止中ということもあって、C CHANNELに流れた若者も少なくないというという。

 運営会社の「C Channel株式会社」によれば、公式アカウントのファン数はLINE 520万、Facebook 500万、Instagram 25万、Twitter 23万を突破し、月間再生回数は約5億回となっている(2017年1月30日時点)。クリッパーと呼ばれる読者モデルやブロガー、インフルエンサーらがアップする30秒程度の「How To 動画」は、“リアルさ”やわかりやすさが売りだ。

 しかし、一部で話題を呼んでいるのは動画のコメント欄にはびこる「痛コメント」の数々だ。とくにFacebookなどには、ネガティブなコメントも散見される。この理由について、日頃からC CHANNELをチェックしているという女性Aさん(23歳)は、こう語る。

「気に入らないと思うならわざわざコメントしなくていいのに、いちいち痛いツッコミを書きたがる人が多いんですよね……。たとえばメイク企画については、『整形級とか言うわりに、もともと目が大きいから腹がたつ』、『マスカラを塗る顔がブサイク』という言いがかりみたいなものまで。

 またクリッパーさんの顔については、『最近顔が丸くなった?』『こんなに顔パンパンだったっけ?』『モデルさんのドヤ顔が痛い』『このモデルさん、いつも口ポカーンと開けていて自意識過剰』などと、人が不快になることをあえてコメント。あまりにも痛々しすぎて、見ているこちらが悲しくなります」(Aさん)

 女子大生のBさん(21歳)は、C CHANNELに「痛コメント」が集まりやすい理由について次のように分析している。

「そもそもC CHANNELのコンテンツは、メイク、ファッション、ハンドメイドといった若い女子でも意見を言いやすいのが特徴。政治などの難しい話にはコメントできないけれど、自分の身の回りの世界のことなら上から目線で語れるという、暇な人が書き込んでいるんだと思います。

 また、クリッパーさんが有名なモデルさんではないので、『私の方が可愛いのに!』と僻んでいる子も多そう。相手が一般人だと思って上から目線のコメントができるのではないでしょうか?」(Bさん)

 一方で、Webメディアで勤務する女性Cさん(30歳)は、「痛コメント」を書き込む層について、こう分析する。

「コメント欄でわざわざ自己主張をしている人のアカウントを見ると、ネットリテラシーが低い印象を受けます。くだらない誹謗中傷コメントにも運営側がすべてレスをするので、構ってもらえたことや、たくさんの人に自分の意見を見てもらえることに喜びを感じている人もいるはず。

 一方でFacebookの使い方などがあまりよく分かっておらず、自分のフィードにしか流れないと思い込んでいる人もいるでしょう。不特定多数の人に自分の個人情報が見られることを考えずにコメントしている人も少なくないのではないでしょうか」(Cさん)

 若い女性にとって、「リアル」であることを売りにしているC CHANNEL。リアルさの功罪として、「私でも意見が言える」と感じた人たちのストレス発散の場として利用されている側面もあるようだ。最低限の良識を持ってコメントしてもらいたい。