「冬のイベ祭り」が終了!すぐに別れるカップルが続出する本当の理由

写真拡大



「春になると別れるカップルが多い」とはよく言われますよね。春になってから「彼女に冷めた」、「別れたくなった」という男性って、なぜそのように思うのでしょうか?「私たちは仲良しカップルだから大丈夫!」と油断していると、カレのほうから別れを切り出されてしまうこともあるかも…。でも、別れやすくなる理由がわかれば、対処もできるはずです。

そこで今回は、“冬のイベ祭り”が終わってからすぐに別れるカップルが続出する理由についてご紹介します!

■1.「燃え尽き症候群」のような状態になる

「クリスマスとかは、デートプランとかプレゼントをしっかり考えてた。逆バレンタインもしてたし。でも、その後に気持ちが冷めてきちゃって、そのまま気まずくなって別れちゃったんだよね。」(営業/28歳/男性)

イベントに熱をあげて頑張るぶん、その反動で気持ちが冷めてしまうのでしょう。そのため、「熱しやすく冷めやすい男性」には要注意かも。彼と知り合ってから付き合うまでが早かったり、短期間で彼女と別れたことがある男性と付き合っているならば、とくに気を付けたほうが良さそうですね。

■2.春に「出会い」が集中しているから

「男ってさ、彼女にしてもらって『嬉しかったこと』とか『楽しかったこと』を忘れがちだよね。クリスマスとかバレンタインに彼女が頑張ってくれていても、春にいい出会いがあったりすると無かったことにしちゃうから。」(クリエイター/31歳/男性)

春は出会いの季節…。出会うであろう女性も多く、カレも「魅力的な女性」との出会いがあって別れを考えるかもしれません。もしもカレの気持ちが他の女性に向いてしまったときには、そっけなくなる、デートのタイミングが合わなくなるなど、何らかのサインが出るはずです。カレの気持ちが膨らむ前に対処しましょう。

おすすめの対処法は、「楽しい」、「嬉しい」、「幸せ」、「大好き」といった心にうったえかけるポジティブな言葉をカレに伝えることです。隣の芝生は青く見えるもの。でも、本当の幸せは自分の家の中にあるのだとカレに教えてあげましょう。

■3.環境の変化で精神的に疲れやすくなる

「春になると人事異動や新入社員の入社が重なって、環境が大きく変わります。そのぶん人に気を遣うことが多くなって、精神的に疲れちゃったんでしょうね…。彼女の存在が煩わしく感じるようになることもありました。」(営業/25歳/男性)

誰だって考えられることには容量があるもの。新しく変わった環境について行きながら、彼女との関係のことまで考える余裕がないことだってあるのです。彼女の立場としては、「気疲れして別れを考える前に私を頼ってくれればいいのに…」と思うことでしょう。でも、男性には「自分からは頼るなんてカッコ悪くてしたくない」と思う人が多いもの。

ですから、もしカレが浮かない顔をして気疲れしていそうに見えたときには、あなたからカレに「何かあった?」と聞いてあげてください。「彼女が心配してくれた」という事実が、カレからあなたへの気持ちを大きくして、関係を長続きさせてくれるはずですよ。

■4.単純に会う機会がなくなる

「冬はイベントが多くてお互いに時間をつくるから、頻繁に彼女と会えるじゃん。でも、お互いに忙しいから普段はそこまで会えない。やっぱり会う機会が減ると気持ちが冷めてきちゃうよね。」(飲食業/30歳/男性)

男性は「会う頻度」と「気持ちの大きさ」が比例する人が多いもの。当たり前と言えば当たり前ですが、イベントがなくカップル間での盛り上がりが少なくなる春は、気持ちが冷めやすいのです。そのため、別れの原因になることも…。のイベントが少ない時期でも、きちんと盛り上がりポイントを作って気分を高めていきましょう!

■おわりに

冬にはカップルのイベントが盛りだくさん。でも、楽しい冬に甘んじないで、春を迎えたときのために、今から愛を温めておいたほうが安心かも。ほんの些細な気持ちの変化がカレに起こっただけで、別れに至ってしまうこともあります。積極的にカレに働きかけて、もっとラブラブな関係を築いていってくださいね♪(ともしど/ライター)

(ハウコレ編集部)