郷ひろみ「人生で初めての“嫌な役”」 (C)TBS

写真拡大

 佐藤浩市主演ドラマ「LEADERS」の続編「LEADERS II」で、郷ひろみが悪役に初挑戦していることがわかった。あわせて、佐藤と郷をはじめ、内野聖陽、東出昌大、山崎努、菅野美穂ら主要キャストが配されたビジュアルが披露された。

 ドラマ「半沢直樹」の福澤克雄が演出を務め、トヨタ自動車の全面協力で制作された「LEADERS」(2014年放送)は、第二次世界大戦後の日本で、国産自動車の開発に人生を捧げた男・愛知佐一郎(佐藤)の生き様を描いた。続編となる今作は、販売部門を主軸にストーリーが展開。自動車販売店「日の出モーターズ」の支配人・山崎亘(内野聖陽)と佐一郎の交流を中心に、製造チームと販売チームが「国産自動車を世界中に走らせる」という夢に向かってまい進する。

 郷が演じるのは、GM(ゼネラルモーダーズ)車の販売店「酒田ガレージ」の社長・酒田健太郎。同社はアメリカ製自動車の販売を一手に担うため、山崎とライバル関係になっていく。デビュー45年目で悪役に初挑戦する郷は、「人生で初めての『嫌な役』になります。どう演じたら嫌な奴に見えるのかを考え、色々なパターンの表現ができるように準備しました」と撮影を振り返り、「男たちが熱いドラマを繰り広げる中で、私が演じた酒田のような人間がいるからこそ、彼らがより一層『燃える』のだと思います。その火を燃やす燃料となれるよう、頑張ります。視聴者の皆さんに、『本当に嫌な奴だなぁ』と感じて頂けたらうれしいです」とアピールした。

 なおキャストは、主演の佐藤のほか、山口智子、吉田栄作、萩原聖人、前田敦子、橋爪功らが前作から続投し、郷をはじめ、内野聖陽、東出昌大、菅野美穂、山崎努、尾上菊之助が今作から新たに参加した。TBSのスペシャルドラマ「LEADERS II」は、3月26日午後9時から放送。3月20日午後7時からは大型番組「LEADERSディレクターズカット(仮)」も放送される。