指原莉乃が、瀬戸内7県を拠点に今夏発足予定の姉妹グループ「STU48」の劇場支配人とメンバーを兼任することを発表した。


これにより、指原の現在の肩書はHKT48の劇場支配人兼メンバー、「声優アイドル」プロジェクトプロデューサー、これに加えてAKB48シングル選抜としての仕事もほぼ確実に毎回任されている。しかも、AKB48のシングル選抜でもテレビ出演時などではトークを任され、大規模コンサートでもMCを任されることが多い。このアイドルとしての活動とともに、タレントとしては一二を争うテレビ番組出演本数を誇る人気。まさに、「日本一忙しいアイドル」となっている。

なぜ、そこまで指原に仕事が舞い込んでくるのか?当サイトでは、何度も指原人気の秘密に迫るコラムを配信しその度に大反響を受けてきたが、指原の類まれなる「バランス感覚」がその大人気の秘密だと考える。

誤解を恐れずに言えば、アイドルとしての指原は、ビジュアル、ダンス、歌どれをとってもAKB48グループの中で1番スゴいという才能を持っていない。しかし、そのどれもが恐ろしく出来ないということもなく、バランスが非常にいい。ダンスも歌もしっかりとソロでもパフォーマンスでき、ここまで自虐的にブスキャラを演じてきたが最近ではメイクやファッションも注目されるようになってきている。

中でも得意なのがトークだが、これも爆発的に面白いことを言えるわけではない。指原はその場その場で適切な言葉を選び発言できるスキルを持っている。コンサートで自分が年長者なら後輩をしっかり紹介しつついじりその上で自虐ネタで笑いを取る。AKB48グループの大規模コンサートなどでは、メンバーの裏側なども紹介しつつ自分を消してトークを回すことに専念も出来る。このトークスキルは、そのままテレビタレントとしての人気の高さにつながっていくことになる。

アイドルとしては、ここまで例がないような新しい形のバランス感覚を持っているのが指原であり、それは賛否両論を受けながらも(主にネットで)誰もが認めざるを得ない程の人気を獲得した。もはや「秋元康総合プロデューサーのお気に入りだから」などという稚拙な考え方は通用しないほどに、指原の才能は花開き絶対的なものへと進化している。

今回の「STU48」という、今後の展開がどうなるのか見当もつかないプロジェクトの中心人物として抜擢され、自分でもプレイヤーとして参加することを表明した指原。いま言えることは、指原が参加するなら間違いなく面白い展開となるだろうということ。

それくらいに、指原莉乃というアイドルが持つ可能性はとてつもなく大きいモノとなっている。(編集部/高橋学)