干し野菜で旨味アップ、シンプルおかずがグッと深まる絶品クルミソース添え

写真拡大 (全3枚)

こんにちは、フードコーディーネーターで料理のツボ研究家のつちだ縁(ゆかり)です。
野菜を美味しく上手に使いこなす調理法のひとつ『干し野菜』。新鮮な野菜が手に入り、こんなに使い切れないなと思ったら、洗って皮ごと食べやすい長さに切り、薄切りにしてザルなどに広げて半日から1日天日干しにします。干すと水分が減り、旨味が増して長期保存が可能になります。
干し人参は、好きな大きさに切って野菜炒めに加えたり、みそ汁に加えたり、何にでもそのまま使えて便利です。今回は千切りにしてもやしと炒め、野菜ベースのクルミソースをたっぷりとかけたシンプルで飽きのこない一品を作ります。
干し人参ともやしソテー(クルミソース添え)

<材料>2人分(調理時間10分)
干し人参 1/4本もやし 1/2袋えのき茸 1/2束オリーブオイル 大さじ1塩 少々粗挽きブラックペッパー 少々
(クルミソース)
酢 大さじ1粒マスタード 小さじ1塩 小さじ1/3粗挽きブラックペッパー 少々ロースト胡桃 5gパセリのみじん切り 1軸分パプリカみじん切り 1/8個分オリーブオイル 大さじ2
(トッピング)
スプラウト 適量
<作り方>
1.(クルミソースを作ります)クルミはトースターで約2分ローストし、なるべく細かいみじん切りにする。ボウルにオリーブオイル以外の材料を全て混ぜ合わせる。最後にオリーブオイルを加えて乳化するように撹拌する。2.干した人参は千切りにする。3.フライパンにオリーブオイルと(2)を入れ、中火でしんなりするまで炒める。4.もやし、えのき茸、塩、ブラックペッパーを加えて混ぜながら炒め、全体にオリーブオイルが馴染んだら火を止め、器に盛りつける。5.クルミソースをかけ、スプラウトをトッピングして完成。

調理と保存のポイント
干し人参
人参は薄切りにしてザルに広げ、日の当たる風通しの良い場所で1日干す。スライスした物を干してから、千切りにした方が肉厚で甘みが増します。
クルミソース
清潔な容器に入れて冷蔵庫へ。3日ほど保存可能です。お肉、お魚にも相性が良く、焼き物、蒸し物、揚げ物とバリエーション豊かにお楽しみいただけるソースです。

根菜類は干して調理しやすく、大根や南瓜、蓮根なども干し野菜におすすめです。いつもジッパー袋に入れ、冷蔵の野菜庫で保存しています。干す時間は短めなので、生野菜よりは日持ちはしますが、約1週間で使い切るようにしています。

>>つちだ縁さんのアレンジレシピをもっと知りたい