ビッグセーブを見せたGK林彰洋にMF高萩洋次郎が抱きつく

写真拡大

[2.25 J1第1節 鹿島0-1FC東京 カシマ]

 新守護神のビッグセーブが開幕白星をもたらした。今オフにGK陣を総入れ替えしたFC東京のゴールマウスを守ったのは鳥栖から加入したGK林彰洋。最大の見せ場は後半14分に訪れた。

 鹿島はFWペドロ・ジュニオールがMF土居聖真とワンツーの形でPA内に進入。GKと1対1の決定機だったが、渾身の右足シュートは林が鋭い反応で弾き出した。

「GKコーチと常に距離感の話をしていて、簡単に相手が蹴れるような局面はつくりたくないと話している。まさにそんなシチュエーションだった」

 大きなピンチだったが、林は冷静だった。「対角線のコースを空ければ、止めても相手は詰めるだけの局面になる。ニアを空けているように見せて、ファーも(コースが)あって、どっちにも蹴れるようなポジションを取った。そういう駆け引きの中でパワーシュートに変わったのかなと思う」。相手を惑わせる“してやったり”のセービングだった。

 絶体絶命のピンチをしのぎ、チームは後半37分にオウンゴールで先制。この1点を守り抜き、昨季王者を1-0の完封勝利で下した。「90分間、厳しい戦いになると試合前から話していた。焦れずにやることがカギになると。みんな90分間、献身的に戦ってくれた」。そうチームメイトを称える195cmの守護神は「自分としても、ああいう決定機を止めてチームに貢献できる状況があってうれしかった」と、殊勲のセーブを素直に喜んだ。

(取材・文 西山紘平)


●[J1]第1節1日目 スコア速報