スコアレスにも手応えを語る山口蛍「粘り強く戦う姿勢を見せることはできた」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第1節が25日に行われ、セレッソ大阪はジュビロ磐田と対戦し、0−0で引き分けた。MF山口蛍の試合後コメントを、Jリーグ公式HPが伝えた。

 ホームで迎えた3季ぶりのJ1の舞台。山口は磐田相手にチャンスを作りながらも、スコアレスドローに終わった試合について「勝ちに持っていける試合だったと思うし、勝てれば最高でしたけど、そんなに悪い試合ではなかった。勝って気持ちよく帰っていただきたかったですが、粘り強く最後まで戦うチームの姿勢を見せることはできたと思います」と振り返った。

 今季から就任した尹晶煥新監督の下、キャンプから守備面での改善に取り組んでいたことを明かし、「今までは個で守っていたところもあったけど、今は組織的にやれています」と手応えを掴んでいる様子で、「もっと守備の精度も高めつつ、攻撃におけるコンビネーションを改善していくことが必要です。できることをやって、しっかりとチームとして積み上げていきながら、次の浦和戦に挑みたいと思います」と今後に向けた改善点を挙げた。