C大阪FW杉本健勇、ドローを悔やむも今後の戦いに自信「いけると思う」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第1節が25日に行われ、セレッソ大阪はジュビロ磐田と対戦し、0−0で引き分けた。

 試合後の取材に応じたFW杉本健勇は、「内容的にはそんなに悪くなかったです」と振り返り、「勝ち点を落とした感じ」とスコアレスドローに終わった試合を悔やんだ。

 そして、個人としては「チャンスを増やさないといけないし、そこで決めきるっていうのがテーマです。自分自身はまだまだ工夫が必要ですね」と課題を口にした一方、チームとしての今後の戦いには「全然いけると思います。やれる自信というのはあります」と前向きな姿勢を示している。

 C大阪は次節、敵地で浦和レッズと対戦する。