北朝鮮代表が国連憲章および機構の役割強化に関する特別委員会の年次会議で演説し、「核戦力の高度化は自営的措置である」との従来の主張を強調した。朝鮮中央通信が25日付で伝えた。

演説では国連安全保障理事会について、「われわれの自衛的な核実験と平和的な衛星の打ち上げ、正常な弾道ロケットの発射を何の国際法的根拠もなしに『国際平和と安全に対する脅威』と罵倒して問題視」しながら、「米国と他国が行う実験に対しては一言半句も言えない二重基準の極致を演出している」と非難。

また、米国が朝鮮半島で行う軍事演習が「『国連軍司令部』の看板の下に公然と強行されている」ことも問題であるとして、同司令部の即時解体を求めた。