25日、中国メディアの梨視頻が、米国で生まれ中国に来たパンダが、中国のビスケットを食べず、中国語の指示も分からないと伝える動画記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はパンダ。

写真拡大

2017年2月25日、中国メディアの梨視頻が、米国で生まれ中国に来たパンダが、中国のビスケットを食べず、中国語の指示も分からないと伝える動画記事を掲載した。

このパンダは、米ジョージア州アトランタの動物園で生まれ、昨年11月に四川省成都にあるジャイアントパンダ繁殖研究所に移送されたパンダだ。

記事では、パンダが首を横に振って楽しそうにしている様子を紹介。飼育員によれば、パンダは全く緊張した様子はなくリラックスしているという。

しかし、米国では飼育員が英語でパンダに話しかけていたため、中国の飼育員が四川語で指示を与えても反応しないという。また、米国から持ってきたビスケットは喜んで食べるものの、中国のビスケットを与えても、食べようとはしないのだという。

これに対し、中国のネットユーザーからは、「パンダですら中国は嫌で米国の方が好きなんだな」、「中国が嫌なら米国へ帰れ!中国には売国パンダはいらない!」などのコメントが寄せられた。

また、「資本主義に害され堕落したパンダには、革命の歌を何度も聞かせて洗脳し、昼間は中国語で社会主義の価値観をたたき込むべき」との意見もあったが、明らかに現体制への皮肉が込められている。

他には「毒があるから食べないんだろ」、「中国のビスケットは米国産とは比べようがない。中国は偽物と添加物が多すぎだ」など、中国の食品安全の問題をやゆするコメントもあった。(翻訳・編集/山中)