午前0時に「地獄通信」というサイトにアクセスし、恨んでいる相手の名前を書き込むと、女学生姿をした「地獄少女」こと閻魔あいが現れ、首の糸を解くだけで恨みの相手を速やかに地獄へ流してくれる藁人形を渡してくれる―――ただし「依頼者も死んだ後、地獄に流される」という条件付きで。
そんな地獄少女を巡る、オムニバス形式の人間ドラマがヒットし、シリーズ3作品が放送されただけでなく、実写ドラマ化までされた人気アニメ「地獄少女」第4期の放送が決定しました。「三鼎」放送から8年、まさに奇跡です。詳細は以下から。

地獄少女 傑作選 花鳥風月 アニメ小冊子つき/エトオミユキ 本・漫画やDVD・CD・ゲーム、アニメをTポイントで通販 | TSUTAYA オンラインショッピング

TSUTAYA公式通販サイトに掲載された新刊コミック「地獄少女 傑作選 花鳥風月」の解説文によると、2017年7月からアニメ「地獄少女」の第4期が放送されるそうです。
2017年7月より『地獄少女』新アニメシリーズが放送スタートします。この新アニメの設定資料が入った小冊子を付け、『地獄少女』コミカライズシリーズの人気ストーリーを集めたオムニバスを刊行します。
これが地獄少女こと閻魔あい。「お人形さんのよう」と言われるほど美しいものの、罪も無い人が逆恨みによって地獄に流される様子すら見届けなければならない、過酷なさだめを課された少女。第1期終盤でその生い立ちが明かされますが、涙無くして観ることはできません。

地獄少女の仕事をサポートするのは「三藁」こと輪入道、骨女、一目連の3人。いずれも人ならぬものたちですが、とてもいい味を出しており、彼らにスポットを当てたエピソードも非常に完成度が高いのがポイントです。



監督交代で「三鼎」のテイストが少し変わってしまったことを考えると、できれば無印、二籠を担当した大森貴弘氏に手がけてもらいたい第4期。
実際1期、2期は印象に残るエピソードが多く、各シーズン後半の「地獄少女そのもの」「地獄少女という仕組み」に迫る各話は、群衆心理の描写も相まってとても心に迫るものがあります。
また、終盤が儚くもあまりに美しい「煉獄少女」や、公式がはっちゃけまくった「地獄少女 対 地獄少年」などの1話完結型エピソードも秀逸なほか、「曽根アンナの濡れた休日」「悪女志願」「紙風船ふわり」では骨女の「姐さん感」が前面に押し出されるなど、キャラクターがいきいきと描けている点も魅力です。
これから先、一生新作は無いだろうと覚悟をしていただけに、喜びもひとしおなシリーズ第4期。地獄少女や三藁、そして謎の幼女・きくりや三鼎から加わった山童など、主要キャラクターたちがどうなるのかも非常に楽しみです。
TVアニメ「地獄少女」公式サイト | 地獄通信

【【奇跡】地獄少女アニメ第4期、2017年7月から放送へ】を全て見る