お付き合いをはじめるときに心得ておきたいちょっと悲しいこと

写真拡大



「ずっと好きだった彼とやっと付き合うことができた!」と幸せの絶頂に立っている人はいませんか?そんなときに水を差すようで申し訳ないのですが、恋人ができた今だからこそ理解しておきたい現実も存在します。そこで今回は「彼と付き合うときに心得ておきたいちょっと悲しいこと」について20代男女にリサーチしてみました。

■1.「付き合う=独占」ではない

「彼氏ができたら毎日ハッピーで、ずっと一緒にいられるものだと思っていた。でも現実は彼がほかの女性と話していると嫉妬しちゃうし、ネガティブな感情が生まれることが多くて。両想いも楽じゃないなって思いました…。」(20歳/女性/大学生)

片想い中は「彼と付き合いたい!」という気持ちが強いもの。でもいざ彼と付き合えたら、今度は恋人同士なりの悩みが生じてきます。例えば嫉妬や束縛、価値観の違いなどなど…。お付き合いがはじまってからがスタートだということを忘れないようにしましょうね!

■2.気持ちは言わなきゃ伝わらない!

「ある日突然『少しは私の気持ち考えてよ!』とか言われると本当萎える…。俺なりに彼女のことは大切にしているつもりなのに、急にキレられても意味わからないもん。」(21歳/男性/大学生)

恋愛ドラマや少女漫画などでは、カップルがお互いに同じことを考えていたりしますよね。でも実際にはそんなテレパシーのようなことはほとんどありません。つまり心の中であれこれ考えて「どうして私の気持ちをわかってくれないの!」なんて嘆いても、ただのひとり芝居だということ。付き合っている間柄とはいえ、もとは他人同士だということを理解しておきましょう。

■3.ドキドキはだんだん減っていくもの

「ずっと付き合いたてのようにラブラブでいるのは難しいよね。好きな気持ちもだんだん落ち着いてくるっていうことはわかっておくべきだと思う。」(23歳/女性/美容師)

よく「恋愛感情は4年で終わる」なんて言いますが、やはり付き合いが長くなればドキドキは減っていくものです。もちろんそれは男性も同じ。つまり「付き合いはじめはあんなに私のこと好きって言ってくれていたのに、最近では彼がなんだか冷たい…」なんて悩みも出てくるということ。特に男性は「釣った魚に餌をやらない」人が多いので、これらは付き合いはじめから肝に銘じておいたほうが良いかも…。

■4.別れは突然やってくる

「うまくいっていたと思っていた彼から急に別れを告げられた…。彼はずっと前から別れを考えていたみたいだけど、私はなかなか受け入れられなくて。ショックすぎて半年以上引きずりました…。」(22歳/女性/大学生)

別れって本当にある日突然やって来るものなんですよね…。付き合いはじめに別れのことは考えたくないですが、それでも頭の隅には入れておいたほうが良いでしょう。そのほうが付き合っている間も彼に依存することなく、お互い負担にならない恋愛ができるはずですよ。

■おわりに

彼氏ができてすぐにこれらを考えるのはちょっと寂しい気もしますが、現実を心得ておくからこそ恋が長続きすることもたくさんあります。「こんなはずじゃなかったのに…」を防ぐためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)