写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●SDアソシエーション、サンディスク、G-Technology
○物理転送能力は「UHS-II」比で2倍の新規格「UHS-III」、製品は来年以降?

CP+には毎年、ストレージ系、特にSD/SDHC/SDXCメモリーカードのメーカーが多く出展するが、CP+2017の大きなトピックはSDアソシエーションから発表された新規格「UHS-III」だ。

UHS-IIIの転送能力は、UHS-IIの312MB/秒から624MB/秒と2倍に引き上げられ、より一層の高速転送メディアを実現できる規格となる。ただ、UHS-II発表(2011年)から対応製品が出るまでにかなりの時間を要していたことを考えると、UHS-III対応の具体的な製品が登場するのは、来年(2018年)以降になるだろうという説明だった。現実的に、SDカードとリーダー/ライター、デジタルカメラのSDスロットなど、UHS-IIですら普及が進んでいるとはいいがたい。

SDアソシエーションの加盟企業としては、ソニー、レキサー、東芝が展示を行っていた。特に東芝は、Transfer Jet、Mamolica(SDカードスロットから抜くと自動ロックがかかる機能だが、法人向け提供のみ)、FlashAirといった派生製品の展示が目立っていた。

○幅広いソリューション展示、サンディスク / G-Technology

サンディスク/G-Technologyブースは、撮影からアーカイブまでを一貫したワークフローととらえ、そうした流れの中におけるストレージ製品の位置付けや活用シーンなどを紹介していた。

現在はウエスタンデジタルの傘下となったサンディスクだが、G-Technologyも同様にウエスタンデジタルのグループである。「WDブース」と呼ぶのが適切なのかもしれないが、CP+2017では「HDDブランドとしてのWD」は出番なし。

CP+では、メモリーカードメーカーとしてサンディスクの知名度は高いのだが、撮影のワークフロー全体を通した提案ができない点が悩みだったそうだ。今回は、撮影からバックアップ、写真の配布には、サンディスクのメモリーカードやSSD製品を、編集やアーカイブにはG-Technologyの製品を紹介していた。

製品の紹介や有名カメラマンによるミニセミナーは、スペースが広くなった。座席がないセミナースペースにも関わらず、多くの人が真剣に見ていた。

●今年で最後?!
○最後の出展?! 東芝は新製品発表とアウトレット特価品

CP+2017の会期中に、東芝の半導体部門を「東芝メモリ」として分社化することが発表された。今後の動向は不透明ながら、メモリーカードの性能・機能向上に関しては粛々と行っている印象を受けた。

初日はSDカードの新製品発表会も行われ、UHS-II製品は一層の高速化を実現。Wi-Fi機能を持つFlashAirは4世代目の製品となり、Wi-Fiの大幅な速度アップが図られた。

また、高速データ転送技術のTransferJetに関しては、実際の応用例を紹介していた。新会社の東芝メモリには、今後もメモリメーカーとして活躍を期待したい。

○バラエティに富んだトランセンドブース

トランセンドといえば、高いコストパフォーマンスと安定性の高品質メモリーカードというイメージなのだが、CP+2017の展示は「CFast2」を使った非圧縮動画カメラでの利用例程度。ここ数年、CP+のトランセンドブースはドライブレコーダーに注力している。単にメモリーカードを扱う企業としてではなく、フラッシュメモリを使った製品全般において、存在感を高めていくのだろう。

(小林哲雄)