柏の武富が第2子に捧ぐゆりかごダンスを披露「狙っていきたいなと心のどこかで思っていた」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第1節が25日に行われ、サガン鳥栖と柏レイソルが対戦した。

 前半を1点ビハインドで折り返した柏だったが、48分にクリスティアーノがPKを決めて同点に追い付くと、74分にディエゴ・オリヴェイラのPKが決まり勝ち越しに成功。78分には途中出場の武富孝介がダメ押しとなる3点目を挙げ、柏が鳥栖を相手に逆転勝利を収めた。

 この試合で3点目を決めた武富孝介が試合後のインタビューに応じている。

 ヘディングでのダメ押し弾については、「本当にクリス(ティアーノ)からいいボールが来て決めるだけだった」と得点シーンを振り返った。

 そして、得点後には2月20日に誕生した第2子に捧ぐゆりかごダンスを披露。「試合前からちょくちょくアピールしていたんで、スタメンではなかったですけど、自分も狙っていきたいなと心のどこかで思っていたので、それが赤ちゃんのおかげではないですけど、いいボールが来て決められて良かったです」とコメントした。

「今日は帰っても家族は里帰り中なんでいないですけど、必ず力になっているし、見てくれていると思うので、それは助かっていますし、もっと頑張りたいなと思います」と今後に向けて抱負を語った。