開幕黒星となった札幌の四方田監督「こういった試合を今後ものにしたい」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第1節が25日に行われ、ベガルタ仙台と北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

 5シーズンぶりのJ1となった札幌は都倉賢を中心に仙台ゴールへと迫ったが、84分に石原直樹に決勝点を決められ、開幕戦は黒星スタートとなった。

 試合後、札幌の四方田修平監督がインタビューに応じている。

「選手は非常に良く戦ってくれましたし、想定通り守備から安定させて相手の隙を突いて得点を狙おうということでやったんですけど、いい流れで試合は進んでいたんですけど、一瞬でやられてしまって残念ですけど、こういった試合を今後ものにしたいと思います」と試合を総括した。

 今後の改善点については、「得点をどう奪っていくかという部分もそうですし、守備もさらにいい形で奪っていい攻撃につなげられるようにしていきたいと思います」とコメントしている。