母性がボン!

写真拡大

 俳優の生田斗真が25日、都内で行われた映画『彼らが本気で編むときは、』初日舞台あいさつに子役の柿原りんかと登壇、トランスジェンダー役を務めた生田は「りんかちゃんが可愛らしくて守ってあげたいと思ったし、今まで感じたことのない胸の痛みというか、僕の奥底に隠れていた小さな母性みたいなものがボンと膨れ上がっていた気がします」と撮影期間中に覚えた不思議な感覚を打ち明けた。この日は桐谷健太、荻上直子監督も来場した。

 トランスジェンダーのリンコ(生田)、彼女の心の美しさに惹かれて全てを受け入れる恋人のマキオ(桐谷)、そんなカップルの前に現れた愛を知らない孤独な少女トモ(柿原)。本作は、そんな3人が出会い、絆を紡ぎながら、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日を描いた物語。第67回ベルリン国際映画祭では、パノラマ部門とジェネレーション部門に正式出品され、テディ審査員特別賞と観客賞(2nd place)をダブル受賞した。

 世界三大映画祭に初参加した生田は、「現地の方々やたくさんの人種の方にこの映画が届いて、いい手ごたえを持って日本に帰ってくることができました。いい思い出です」と笑顔。テディ審査員特別賞のトロフィーも披露されると、手にした生田は「(台座が)石でできているのでずっしり重いです」と、荻上監督曰く「ベルリンの道路の石」で作られたトロフィーの予想以上の重さに驚いていた。

 本賞は、LGBTをテーマにした全37作品の中から審査員全員一致で選ばれたもので、邦画が受賞するのは史上初。子供の目を通してセクシャルマイノリティーを描いた点、説得力があったリンコの役づくり、彼女を広い心で見守る恋人と胸を締め付けるほど愛おしい子役の存在、それらによって日本作品でありながら世界に十分アピールできる家族の物語に仕上がったことが評価されたそうで、生田は「有り難いです。うれしいですね」と喜びをかみしめている様子。また、「日本映画って面白いでしょ? って思ったし、これからの日本映画の可能性をもっと広げていくべきだと思った。自分もその力添えができればいいなと強く思いました」と凛々しい表情も見せた。

 そして、「我ながらいい作品ができたと思っています」と胸を張ると、「(みんな)スマホ持っているんだから」と本作の宣伝をすることが当然かのような発言で笑いを誘う生田。桐谷も、冒頭の3人で食卓を囲むシーンを挙げ、「何度も撮り直しているので、OKシーンの唐揚げは20個目ですが、20個目なのにこんなに美味しそうに食べてるんや〜と思って観ていただけたら楽しめるんじゃないかな」とアピールし、会場を沸かせた。(取材/錦怜那)

映画『彼らが本気で編むときは、』は全国公開中