【警告】鹿島=小笠原(61分) FC東京=永井(89分)
【退場】鹿島=なし FC東京=なし
【MAN OF THE MATCH】林彰洋(FC東京)

写真拡大 (全4枚)

[J1第1節]鹿島0-1FC東京/2月25日/カシマ
 
【チーム採点・寸評】
鹿島 5.5
パスミスが目立った後半の戦いぶりはいただけない。得点源の金崎が抑え込まれてしまったのも敗因のひとつだろう。

【鹿島 0-1 FC東京 PHOTO】オウンゴールで鹿島がまさかの黒星スタート!
 
【鹿島|採点・寸評】
GK
1 クォン・スンテ 5
失点につながったパンチングが悔やまれた。あそこさえ防いでいればおそらく負けていなかっただけに、評価はかなり厳しいものに。
 
DF
3 昌子 源 6
最後まで大崩れせず、根気よく守った。植田との連係も悪くなく、大久保、前田らを上手く封じていた。
 
5 植田直通 5.5
前半は大久保を自由にさせず、後半も安定した守備。ただ、0-1で迎えた85分のボレーシュートはせめて枠に飛ばしてほしかった。
 
16 山本脩斗 6
前半は左SBとして大久保や河野の動きに戸惑うことなく、及第点の働き。西が交代後は右に移って中島や永井と好バトルを展開した。
 
22 西 大伍 5.5(56分OUT)
対面した永井に裏をとられず、機を見たオーバーラップでアクセント。とはいえ、残念ながら大きなインパクトは残せなかった。
 
MF
4 レオ・シルバ 5.5
肝心な局面でパスミスが多く、後半は不安定な出来。前半のパフォーマンスは悪くなかったが、やや失望感が上回った。
 
8 土居聖真 5.5
左サイドを献身的にカバーし、攻守両面で地味ながらも効いていた。だが、後半に入ってボールになかなか絡めなくなった点はマイナスだろう。
 
25 遠藤 康 5(76分OUT)
FC東京の守備網を打ち破れず、不完全燃焼。得意のパスも精度を欠き、スムーズな攻撃を展開できなかった。
 
40 小笠原満男 5.5 (68分OUT)
押し込まれる時間帯でも慌てず、巧みなボール捌きと的確な潰しでチームを引き締めた。後半に入って守備の強度が下がった印象で、結果的に及第点を下回る採点に。
FW
7 ペドロ・ジュニオール 5.5
前線でタメを作れる技術はさすがのひと言。しかし、59分の絶好機を決められず、ヒーローになり損ねた。
 
33 金崎夢生 5
前半はまったくといっていいほど仕事ができなかった。後半はやや持ち直したとはいえ、シュートチャンスには恵まれなかった。
 
交代出場
DF
15 三竿雄斗 5(56分IN)
73分には崩しの局面で丁寧なボール捌きが光った。だが、集中を欠く場面もありオウンゴールに関与。安定感という意味では物足りなかった。
 
MF
6 永木亮太 6(68分IN)
小笠原に代わりキャプテンマークを巻き、中盤の底で守備に尽力。L・シルバをフォローするような形でビルドアップにも加わった。
 
FW
9 鈴木優磨 ‐(76分IN)
思うようにボールを受けられずフラストレーションを溜めるシーンも。本人もこの日の出来には満足していないだろう。
 
監督
石井正忠 5
リードされてから変化をもたらすことができなかった。不運な部分もあったとはいえ、ホーム開幕戦での黒星は痛恨だ。
 
取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
FC東京 6.5
07年から勝てていなかったカシマスタジアムで勝利。鉄壁の守備で無失点に抑え、鹿島のお株を奪う試合巧者ぶりが光った。
 
【FC東京|採点・寸評】
GK
33 林 彰洋 7 MAN OF THE MATCH
称賛すべきは59分のビッグセーブ。P・ジュニオールのシュートをストップしてチームに勢いをもたらした点で、MOMに相応しい。
 
DF
2 室屋 成 6.5
迫力満点のスライディングタックルをかますなど気合い十分。ライン際で金崎を押し出した33分の守りも印象深い。
 
3 森重真人 7
最終ラインを統率しながら、ビルドアップにも顔を出す“幅の広さ”は相変わらず。対人の強さも健在だった。
 
 
5 丸山祐市 7
金崎を挑発するようなディフェンスで鹿島を苛立たせた印象。クールなスタンスでフィジカルの強さをアピールしていた。
 
6 太田宏介 6.5
何度かあったFKやCKのチャンスをモノにできなかったのは残念。それでも、下を向くことなく最後まで走り抜くスタミナは素晴らしかった。
 
MF
8 郄萩洋次郎 6.5
シンプルなプレーでチームに落ち着きをもたらした。決定的な仕事こそなかったものの、嫌らしい位置取りでピンチの芽を摘んだ。
 
15 永井謙佑 6
自慢のスピードが生きる場面が少なく、40分には室屋のクロスに頭で合わせられなかった。ただ、守備での大きな貢献は見逃せない。
 
17 河野広貴 5.5(63分OUT)
パスの狙いどころは良かったが、なかなかチャンスに結び付けられなかった。体力をやや消耗した後半も大きな存在感を示せず……。
 
37 橋本拳人 6.5
右膝の怪我も癒え、コンディションは良好。郄萩との良いバランスを取りながら、セカンドボールを拾いまくっていた。
 
38 東 慶悟 5.5(78分OUT)
トップ下のポジションに捉われず、豊富な運動量で広範囲をカバー。後半も精力的にゴールへと迫ったが、78分に途中交代を余儀なくされた。
FW
13 大久保嘉人 5.5
7分に至近距離から放ったシュートは惜しくも枠外。59分の決定機もふかしてしまい、FC東京でのリーグ初戦を勝利で飾れなかった。
 
交代出場
MF
23 中島翔哉 6.5(63分IN)
得意のドリブルでチャンスを作り、終盤の82分には思い切りの良いミドルでオウンゴールを誘発。勝利の立役者のひとりだろう。
 
FW
20 前田遼一 ‐(78分IN)
大久保のマークを分散した意味で良い動きをしていた。前線からのプレッシングをさぼらず、チームの勝利のために走った。
 
監督
篠田善之 6.5
結果的に中島の投入は当たった。攻撃面の連係に課題を残すも、開幕戦での白星は何にも代えがたい収穫だ。
 
取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。