新加入の石原弾で札幌下した仙台が白星発進《J1》

写真拡大

▽25日にユアテックスタジアム仙台で行われた明治安田生命J1リーグ開幕節のベガルタ仙台vs北海道コンサドーレ札幌は、ホームの仙台が1-0で勝利した。

▽2016シーズン12位の仙台と、5年ぶりのJ1復帰となる札幌が激突した。仙台は新加入の石原、大卒ルーキーの永戸が先発。札幌は、新戦力の横山とキム・ミンテがスターティングメンバーに名を連ねた。

▽立ち上がり、都倉のヘディングシュートなどで積極的な入りを見せた札幌だったが、ホームの仙台が徐々に流れを引き寄せにかかる。20分にはルーキーの永戸に決定機が巡ってくるが、左足のシュートを枠に飛ばせない。

▽ゴールレスで試合を折り返した仙台は、その後半も優位な試合運びを見せる。しかし、開始3分に、GKク・スンヨンのキックミスを拾った石原がシュートに持ち込むことができないなど、チャンスを生かし切れない展開が続く。

▽それでも、仙台は84分、パス交換で右サイドを攻略した流れから決定機。ボールを受けた三田の左足から放たれたミドルシュートはGKに弾かれたものの、こぼれ球を石原が押し込み、仙台が先制に成功した。

▽結局、このゴールが決勝点となり、試合終了。新加入の石原に一発が生まれた仙台は、ホームで迎えた開幕戦を見事に白星で飾った。