新戦力のFW石原直樹が決勝点を挙げた

写真拡大

[2.25 J1第1節 仙台1-0札幌 ユアスタ]

 J1リーグは25日、2017シーズンの開幕戦を迎え、ユアテックスタジアム仙台では、16シーズン年間12位のベガルタ仙台と、J2優勝を果たし、5年ぶりにJ1に復帰した北海道コンサドーレ札幌が対戦。終了間際のFW石原直樹のゴールが決勝点となり、仙台が1-0で開幕戦を制した。

 新戦力のDF横山知伸とMFキム・ミンテが先発に名を連ねた札幌は、開始早々の前半8分、昨季J2で19得点のFW都倉賢が左CKからヘディングシュートを放つなど、積極的な入りをみせた。しかし、徐々に仙台が盛り返すと、同20分に決定機。左クロスからFW奥埜博亮、新戦力のFW石原直樹が絡んで、こぼれたボールを大卒ルーキーのMF永戸勝也が左足を振り抜くも、枠を外れた。

 スコアレスで折り返した後半も仙台が主導権を握る。同3分、相手のバックパスからGKク・ソンユンが前に蹴り出したボールが、石原の足もとに入り、PA内まで持ち込むもシュートを打てず、“プレゼントパス”をいかすことができなかった。一方の札幌は、FWジュリーニョが強引な突破からミドルシュート、都倉も遠い位置からテクニカルなシュートを放つが、1点が遠い。

 試合は終了間際に均衡が破れた。後半39分、仙台は右サイドからパスをつなぎ、中央でボールを受けた三田が強烈な左足ミドルシュート。これはGKク・ソンユンに弾かれたが、これに詰めた石原が左足で押し込み、1-0。石原が広島在籍時の2014年10月26日に行われた第30節清水戦以来、853日ぶりのJ1リーグでの得点となった。

 試合はそのまま1-0で終了。J1で10年目を迎えた仙台が開幕戦を白星で飾った。なお、仙台はJ1開幕戦通算10試合で7勝2分1敗となった。

(データ提供:Opta)


●[J1]第1節1日目 スコア速報