新加入の工藤が移籍後初得点。GKが弾いたこぼれ球に詰めて先制点を叩き込んだ。(C)J.LEAGUE PHOTOS

写真拡大

[J1リーグ開幕戦]広島1-1新潟/2月25日/Eスタ
 
 2月25日に行なわれたJ1開幕戦の広島対新潟は、1-1の引き分けで終わった。
 
 広島は57分、セットプレーから先制。フェリペ・シウバのCKに水本裕貴がヘッドで合わせてゴールを襲い、GKが弾いたこぼれ球に工藤壮人が詰めてネットを揺らした。
 
 新エースの移籍後初得点で先制した広島だったが、その後71分に新潟の田中達也にゴールを許して同点に。終盤には新潟の矢野貴章が退場して数的優位に立つも、追加点が奪えないまま終了の笛を聞いた。
 
 J1の覇権奪還を掲げてスタートしたシーズンなだけに、ホームでの開幕戦で昨季15位の新潟から勝点3を獲れなかったのは痛手だろう。
 
 広島は次節、昇格組の清水をホームに迎える。ここでは勝点3をモノにしたいところだ。