清武ベンチ外のC大阪、中村俊フル出場の磐田とゴールレスドロー《J1》

写真拡大

▽25日にヤンマースタジアム長居で行われた明治安田生命J1リーグ開幕節のセレッソ大阪vsジュビロ磐田は、0-0のドローに終わった。

▽3年ぶりにJ1の舞台に帰ってきたC大阪は、別メニュー調整が続いていた清武がベンチ外となり、柿谷や杉本、山口の既存メンバーに、新戦力の水沼とマテイ・ヨニッチが先発。一方の磐田は、中村俊と川又、ムサエフの新加入トリオがスターティングメンバーに名を連ねた。

▽キックオフからにらみ合いが続いた試合。両チームともに決定打を欠き、こう着状態が続く中、序盤から中村俊を軸にボールの主導権を握りにかかった磐田は、36分に敵陣中央の遠めの位置からアダイウトンがミドルレンジからシュートを放つ。これが枠の上隅を捉えるが、GKキム・ジンヒョンのセーブに阻まれた。

▽その後、自陣ボックス付近で中村俊にセットプレーのチャンスを許したC大阪。その流れから山本にネットを揺らされるもオフェンスファウルで事なきを得ると、前半アディショナルタイムにC大阪が先制機を迎える。松田のクロスにニアサイドの杉本が右足で合わせるが、これはクロスバーに嫌われてしまう。

▽ゴールレスで試合を折り返したC大阪は、立ち上がり早々の4分に水沼が負傷交代。それでも、丸岡をスクランブル投入してより攻勢を強めると、ボックス手前で得たFKからソウザが直接狙う。しかし、鋭いシュートはGKカミンスキーにセーブされ、チャンスをモノにすることができない。

▽対する磐田は、69分にボックス手前のほぼゴール正面の位置でFKのチャンスを獲得。見せ場が巡ってきたキッカーの中村俊が直接ゴールを狙うが、ここはクロスバーの上に外してしまう。さらに、80分にはムサエフがミドルシュートを放つが、枠内に飛ばせず、ゴールが遠い。

▽結局、最後まで互いにこう着した状態を打ち破れず、ゴールレスで試合終了。勝ち点1ずつを分け合う結果に終わっている。