仙台、新加入の石原が決勝弾…5季ぶりにJ1の札幌は黒星スタートに

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第1節が25日に行われ、ベガルタ仙台と北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

 8分にCKから都倉賢がヘディングで合わせるが、GK関憲太郎がセーブ。その後はホームの仙台がチャンスを作るが、得点までは至らず、前半をスコアレスで折り返す。
 
 後半に入り84分、奥埜博亮からのパスを受けた三田啓貴が強烈なシュートを放つ。一度はGKク・ソンユンが弾いたものの、こぼれ球を拾った新加入の石原直樹が冷静に流し込み、仙台が先制に成功する。

 石原の決勝弾を守り切った仙台が、開幕戦を勝利で飾った。

 次節、仙台はアウェーでジュビロ磐田と、札幌はアウェー連戦となりニッパツ三ツ沢球技場で横浜F・マリノスと対戦する。

【スコア】
ベガルタ仙台 1−0 北海道コンサドーレ札幌

【得点者】
1−0 84分 石原直樹(仙台)