ジュビロ磐田の中村俊輔【写真:Getty Images】

写真拡大

【セレッソ大阪 0-0 ジュビロ磐田 J1 第1節】

 明治安田生命J1リーグ第1節が25日に行われ、セレッソ大阪とジュビロ磐田が対戦した。

 今シーズンに向けての補強が大きな注目を集めた両チームの対戦となったが、3シーズンぶりのJ1復帰を果たしたC大阪はMF清武弘嗣が欠場。コンディションが万全ではないとのことで開幕戦の出場は回避された。

 一方の磐田は、横浜FMから加入した“10番“中村俊輔が先発に名を連ねる。38歳の大ベテランは横浜FMでの過去2年の開幕戦を欠場していたが、3年ぶりにピッチの上で新シーズン開始を迎えた。

 磐田のアダイウトンのミドルなどがゴールを脅かす場面もあったが、前半は0-0のまま推移。前半終了間際には中村のFKから最後は山本がゴールネットを揺らしたが、その前にファウルがあったため得点は認められなかった。C大阪も右からのクロスに合わせた杉本のシュートがポストを叩くが決まらず、そのままスコアレスで前半を終えた。

 膠着する試合を打開するため、中村の“左足“にはやはり大きな期待が集まったが、FKから直接狙った場面も枠を捉えられず。C大阪もFKからソウザがゴールを脅かしたが、GKカミンスキーのセーブがゴールを割らせなかった。

 結局、そのままゴールが生まれることはなく試合は終了。注目の開幕戦は勝ち点1を分け合う結果に終わった。

【得点者】
なし

text by 編集部