途中出場の中島がOG誘発! FC東京が昨年王者・鹿島を下す!《J1》

写真拡大

▽25日に県立カシマサッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ開幕節の鹿島アントラーズvsFC東京は、1-0でアウェイのFC東京が勝利した。

▽昨シーズンのJリーグ王者となった鹿島と、昨シーズン年間順位9位のFC東京が激突した。連覇を狙う鹿島は、先日のAFCチャンピオンズリーグ(AFC)・グループステージ第1節の蔚山現代戦から先発メンバーを5名変更。伊東、永木、レアンドロ、鈴木らに代えて、西、小笠原、遠藤、ペドロ・ジュニオールらを起用。対するFC東京は、新加入のGK林、高萩、永井、大久保嘉を起用してこの一戦に臨んだ。

▽強力なチーム同士の対戦となった試合。まず仕掛けたのはFC東京。7分、ボックス手前の永井が粘ると、ボックス手前右で受けた東がボックス右にスルーパス。反応した大久保嘉がシュートを放つも、右ポストに嫌われる。

▽序盤、ピンチを迎えた鹿島は、反撃したいものの、FC東京のプレスに苦しみ、チャンスの芽を摘まれてしまう。

▽前半の半ばが経過すると、両者ともに球際の激しさが増し、ヒートアップする場面も。するとFC東京は36分、敵陣中央でボールを受けた高萩がロングシュート。アウトサイド回転のかかった強烈なシュートも、GKクォン・スンテが冷静に対処する。

▽その後も主導権を握るFC東京は40分、ボックス右外でボールを受けた室屋がクロスを供給。ゴール前でフリーになった永井が飛び込むも、合わせることができない。

▽すると前半苦しい展開を強いられていた鹿島がチャンスを迎える。54分、レオ・シルバが自陣ボックス内でインターセプトすると、そのままカウンター発動。敵陣中央の土居を経由して、ボックス左の金崎につなぎ、右に持ち替えてシュートを放つ。これがバーを叩いてゴールラインを割るも、金崎にオフサイドの判定が下される。

▽58分、太田の右CKにセカンドボールを永井が粘ると、ボールはファーサイドに転がる。待ち構えていた大久保嘉が右足で合わせるも、ミートできず、ゴール上に外れてしまう。その直後に今度は鹿島。敵陣中央でボールを受けた土居がスルーパスを送ると、反応したペドロ・ジュニオールがボックス内に侵攻し、右足でシュート。しかし、GK林の好守にはばまれ、先制点とはならない。

▽するとFC東京は、河野に代えて中島を投入。攻撃の活性化を図ると82分、ボックス左手前の中島がカットインからシュート。これがゴール右隅を捉えるもGKクォン・スンテがパンチング。しかし、カバーに戻った三竿雄に当たり、ゴールに吸い込まる。

▽先制を許した鹿島は、反撃の手を強めるも、FC東京の牙城を崩せずそのまま試合は終了。FC東京が開幕戦を制し、勝ち点3を獲得した。