■超軽量&高剛性ボディに新しいデザインをアドオン

スズキ・スイフトは、2世代で世界累計530万台超の販売実績を誇るスズキの旗艦車種です。今回で3代目となる新型スイフトは、プラットフォームを刷新して、高剛性を確保しながら約120kgもの驚異的な軽量化を実現しました。

また全長を若干短縮しながらも、荷室を拡大するなど使い勝手も向上。スタイルでは、歴代スイフトの記号性としてブラックピラーを継承しつつ、大型グリルのフロントマスクやサイドの豊かな造形で、新しさを訴求しています。

1

ボディは4ドアハッチバックで、標準仕様とスポーティなRS系の2系統を用意。パワーユニットは、1.2L直4+CVTまたは5MTの組合せと1L直3ターボ+6AT、そして1.2L直4のマイルドハイブリッド+CVTと豊富で、CVT仕様なら4WDも選択できます。燃費は、ターボの20km/lからマイルドハイブリッドの27.4km/lまでマークしています。

特筆すべきはやはり車重で、最軽量仕様は840kg、最重量でも970kgと1t未満に抑えているのが素晴らしい。新型スイフトは、軽量&高剛性という最も困難かつ理想的なボディを実現しているのです。

■様々なパワーユニットの組合せでこだわりの魅力を創出

新型スイフトの価格帯は、約134.4〜184.6万円。フロントマスクの穏やかな標準車は、XG、XL、HYBRID MLの3グレード構成となっています。XGとXLは1.2L直4+CVTまたは5MT、またHYBRID MLはマイルドハイブリッド+CVTを搭載。ただしXGはリーズナブルな分、リアブレーキがドラム式で運転支援システムも選べないなど一部制約があります。

精悍なマスクとスポイラー、そしてスポーティな欧州仕様のサスペンションを備えるRS系は、RS、RSt、HYBRID RSの3グレード構成となっています。RSは、1.2L直4+5MT限定というスズキこだわりの設定。RStも1L直3ターボ+6ATだけの設定で、パワフルなターボとATの相性を訴求しています。またHYBRID RSは、マイルドハイブリッドと欧州チューンの足で、燃費と走りの両方を楽しめる仕様となっています。

(星崎 俊浩)

【関連リンク】

第546弾スイフトのすべて (より深く知りたい方はこちらがオススメ)
http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=9379

新型スイフトは、超軽量&高剛性ボディと多様なパワーユニットでこだわりの魅力を創出!(http://clicccar.com/2017/02/25/448726/)