広島、工藤壮人のゴールで先制も逃げ切れず…新潟が田中達也弾でドローに持ち込む

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第1節が25日に行われ、サンフレッチェ広島とアルビレックス新潟が対戦した。

 試合が動いたのは後半立ち上がりの57分。広島が右CKを得ると、水本裕貴のヘディングシュートがこぼれたところを工藤壮人が押し込み、先制に成功した。

 追いかける新潟は71分、右からの折り返しがエリア内中央にこぼれると、このボールに反応した田中達也が左足を振り抜く。グラウンダーのシュートがゴール右下に決まり、同点に追いついた。

 試合はこのまま終了し、両者が勝ち点1を分け合う形となった。

 次節、広島はホームで清水エスパルスと、新潟は敵地でヴィッセル神戸と対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 1−1 アルビレックス新潟

【得点者】
1−0 57分 工藤壮人(広島)
1−1 71分 田中達也(清水)