Retinaディスプレイ搭載のMacBookまたはMacBook Proユーザーに朗報です。Appleが、同ディスプレイの反射防止コーティングを無料で修理するモデルの対象期間を広げたことがわかりました。

従来より多くのモデルが修理の対象に

MacBookおよびMacBook ProのRetinaディスプレイには反射防止コーティングが施されていますが、剥がれやすいという苦情が、Appleのサポートコミュニティなどに度々書き込まれてきました。
 
米メディアMacRumorsによると、Appleは2012年6月から2017年10月16日の間に購入された対象機種、または購入時から3年以内の機種について、Retinaディスプレイを無償で修理・交換するとしています。無償修理・交換プログラムは以前から存在していますが、購入対象期間がこれまでよりも延長されたことになります。

気になるユーザーは問い合わせを

同プログラムは公式には発表されていませんが、MacRumorsは直接Appleの確認を取ったとのことです。また現時点では期間延長について、Webサイトに改めて記載する予定はないようです。
 
反射防止コーティングの剥げが気になるユーザーは、Apple StoreのGenius Barか、Appleサポートに連絡を取ることをお勧めします。またはApple正規サービス・プロバイダに持ち込めば、無償修理の対象かどうかを確認することができます。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)