神戸、橋本のゴールで白星発進…J1復帰の清水は初戦飾れず

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第1節が25日に行われ、清水エスパルスとヴィッセル神戸が対戦した。

 2年ぶりにJ1に復帰した清水は、本拠地・IAIスタジアム日本平に昨季年間7位の神戸を迎えた。清水は新戦力のDFフレイレやMF野津田岳人がスタメン入り。神戸もDF渡部博文やFW田中順也らが先発メンバーに名を連ねた。

 試合は前半中盤から神戸が主導権を握ったものの、なかなか清水ゴールを割ることができない。スコアレスでハーフタイムを迎えると、後半立ち上がりの52分には清水の六平光成のクリアミスがあわやオウンゴールという場面もあった。徐々に清水が盛り返し始めたが、71分に均衡が崩れる。神戸が右CKを獲得すると、キッカーの田中順がクロスを供給。渡部のシュートはGK六反勇治が反応したが、こぼれ球を橋本和が押し込んで神戸が先制する。

 試合はこのまま1−0で神戸が清水を下し、開幕戦白星を飾った。一方、清水はJ1復帰初戦を飾ることはできなかった。

 次節、清水は3月4日に敵地でサンフレッチェ広島と、神戸はホームでアルビレックス新潟と対戦する。

【スコア】
清水 0−1 神戸

【得点者】
0−1 71分 橋本和(神戸)