劇的な決勝弾を叩き込んだ横浜FMの前田「このまま勢いを持って突っ走りたい」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第1節が25日に行われ、横浜F・マリノスと浦和レッズが対戦した。

 13分に新加入のダビド・バブンスキーの豪快な一撃で横浜FMが先制するが、対する浦和は63分、65分と立て続けにラファエル・シルバが得点を奪い、わずか3分間で逆転する。しかし、86分に途中出場のウーゴ・ヴィエイラが同点弾を決めると、後半アディショナルタイムの92分には同じく途中出場の前田直輝が逆転弾を挙げ、ホームの横浜FMが3−2で浦和を下した。

 この試合で決勝点をマークした前田が、試合後のインタビューに応じている。

 得点シーンについては「(齋藤)学くんがいいボールをくれただけなので、僕は流し込むだけでした」と振り返り、今後に向けては「このまま勢いを持って突っ走りたいですね」とコメントした。

 今シーズンの抱負について問われると、「去年は苦しんでいるので、今年は何としても結果を残し続けたいと思っています」と語り、具体的な目標については「ゴールです」と大観衆のサポーターの前で宣言した。